Lc5 ファンの皆様並びに、スタッフ関係者の皆様へ大切なお知らせ

2013.03.01

いつもLc5を応援して頂き、誠にありがとうございます。
皆様に大切なお知らせがあります。

2013年3月13日のライブを持ちまして、夢時(Guitar)、Sato(Bass)がLc5を脱退することになりました。
2010年の結成以来、支えてくださったファンの皆様、
スタッフ・関係者の皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
今後はmiku、Reo、Akiの3人で新体制を整え、Lc5として今まで以上に活動していく所存ですので、
引き続き皆様の応援、お力添えを頂けますと幸いです。

下記が各メンバーよりコメントとなります。

======================

Satoです。
この度、2013年3月13日のイベントライブ出演をもってLc5を脱退する事となりました。

Lc5として今後の方向性を模索する期間の中で、自分自身の色々な可能性を試したい、知りたい、
といった気持ちが強くなり、各メンバーやスタッフと話し合った末、
Lc5とは別の道を選ぶ事を決めました。

Lc5のメンバー、スタッフチーム、そしてファンの皆さんと出会ってから約3年。
ライブやレコーディングをはじめ、本当にかけがえの無い、濃密な時間を過ごさせてもらいました。
今後はこのLc5での活動を糧に、一度きりの限りある人生、
後悔の無いように自分らしく表現を続けていきます。

突然のお知らせになってしまいましたが、
今まで応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。

愛と感謝を込めて。

Sato

======================

これまでLc5の一員として活動してきましたが、
音楽性の相違などを踏まえ模索した結果、
Lc5の"夢時"として活動する理由が見当たらなくなりました。

今まで応援して頂いたファンの皆様や
陰ながら支えてくれたスタッフ関係者の期待に応えられない形にはなりますが
振り返らず、自分は新たな道を進みます。

沢山の声援、ありがとうございました。

そして、いつかまた何処かで。

夢時

======================

Lc5のファンのみなさま、
そしてスタッフ関係者のみなさま
突然の一方的な発表で驚かせてしまい申し訳ありません。

今年の初めに、Satoと夢時より脱退の意志を聞いてから
メンバー・スタッフで全員が納得のいくまで話し合いの場を持ちました。

たくさんの話し合いの結果、今の僕達はこう思っています。
2人をリスペクトしているからこそ、それぞれの意志を受け止め、
そして全力で自分の道を突き進んでほしいと。

悲しい気持ちは大きいですが、同じアーティストとして、良きライバル・戦友として
お互いを高め合って行くことが今の僕達には最善の道だと思っています。

これから新たな道に進んでいく2人を温かく送り出してあげれたらと思っています。

そして、新たにスタートする[Lc5]の可能性やパワーに期待して欲しいです。
2人に負けないよう、今まで以上に素晴らしい"音"や"LIVE"を
皆さんに届けることをここにお約束します。

2013年3月13日は僕ら[Lc5]にとって一生忘れられない日になりますが、
今後も前を見て歩き続けていきます。
今後もご声援の程、よろしくお願い致します。

Lc5 miku / Reo / Aki
rss