チェンソーマン 第3話 ネタバレと感想-デンジ配属先で波乱-

「チェンソーマン」のネタバレと感想を紹介します!

2018年12月17日発売、新年第3号の「チェンソーマン」のネタバレと感想になります。

チェンソーマン 2話のあらすじ

チェンソーマン 2 話のあらすじ
こちらの記事からご確認ください!

↓ ↓ ↓

>>チェンソーマン 2 話はこちら

 

チェンソーマン 3話のネタバレ

前回、マキマに好きな男のタイプを聞いたところ

「デンジ君みたいな人」と答えられた出来事をデンジはずっと思い返してます。

「俺も…マキマさんがすきです…」

デンジがボーっとしている間に二人は公安のデビルハンター東京本部に到着しました。

マキマの説明によると、

東京には民間も含めてデビルハンターが千人以上おり、

その中でも公安は有給多いし福利厚生も一番いいとの事。

 

しかしデンジはその説明を一切聞いておらずいかにマキマとイイ関係になるかという妄想にふけってました。

 

場所は変わり、デンジには制服を与えられ、同僚と対面させられてました。

同僚の名は早川アキ。

デンジの三年先輩の男性で制服姿に刀を背負った格好をしてます。

 

デンジはマキマに命令され、早川の見回りに付いて行ってますが、

マキマに男はいるのかという質問ばかりで集中できてない様子です。

 

そんな早川はデンジを路地裏に連れ込んでタコ殴りにしてしまいました。

そして仕事を辞めろと告げるのです。

 

「軽い気持ちで仕事するやつは死ぬぜ?俺の同僚も給料だけ見てデビルハンターになった奴は全員悪魔に殺されたよ 生きてるやつはみんな根っこに信念がある奴だけだ」

早川はデンジにたばこを投げつけ、唾を吐き捨てその場を去るのですが、

その瞬間、デンジは後ろから早川の股間に蹴りを入れました。

それも連続で。

 

デンジは今日初めてウドンとフランクフルトを食べ、

初めて人並みの扱いをされたんだと、

それは夢みたいな生活だと告げるのでした。

 

「俺は軽~い気持ちでデビルハンターなったけどよぉこの生活続ける為だったら死んでもいいぜ」

 

デンジと早川はボコり合いの末、金的を狙われ続けられた早川は倒れてしまいました。

 

東京本部に戻ったデンジと早川ですが、マキマはデンジに早川の部隊に入るよう命じます。

しかし、公安を辞職したり違反行動があった場合デンジは悪魔として処分するとも告げました。

 

そして早川はデンジを見張るために一緒に住むことになりました。

「マキマさんって悪い人なの?」

自分の扱われ方に疑問が生じたのかデンジは問いかけ、早川は「いい人に決まってる…俺の命の恩人だ・・・」と答えるのでした。

 

自分がマキマに抱かれた事で救われたことを思い出したデンジはつい

「マキマさん…もう一回抱きてぇなあ」と呟き、

早川は血相を変えるのでした。

 

チェンソーマン 3話の感想

デンジが公安のデビルハンター東京本部に到着しました。

配属はマキマとは別となり早川の部隊に配属

しかし早川曰く、めんどくさいのが多いとの事。

早川とは配属前からケンカしたりとなかなか一悶着ありそうです。

 

早川は背中に刀を背負っていますがこの刀を用いて悪魔狩りをするのでしょうか?

今のところ悪魔狩りの描写は主人公のデンジが悪魔の力を借りて戦っているシーンしかないので

普通の人間がどのように悪魔に対抗しているのかのまだ描写されてません。

いったいどのような戦法を用いて悪魔狩りをしていくのか、

部隊にはどのようなメンバーがいるのか、

どのように描写されるか楽しみです。