僕のヒーローアカデミア 第213話 ネタバレと感想-解放された個性-

2019年1月21日発売、週刊少年ジャンプ8号から

「僕のヒーローアカデミア」のネタバレと感想の記事になります!

 

僕のヒーローアカデミア 212話のあらすじ

 

⇒前回のお話しはこちらからどうぞ。

僕のヒーローアカデミア 第212話 ネタバレと感想-暴走した個性-

 

僕のヒーローアカデミア 213話のネタバレ

 

「頑張れよ頑張れば大概どうにかなるさ」

緑谷の深層意識の世界に現れた男、かつてのワン・フォー・オールの継承者よりそう言われますが、今の緑谷には口がないので答えられません。

しかし緑谷はこれはもう面影とかそういう類のものじゃない、夢でもない、継承者たちはワン・フォー・オールの個性そのものの中で生きていると確信します。

緑谷の前に現れた男は語り続けます。

緑谷の右腕から生まれた無数の黒い触手はこの男の個性だと。

そして、継承者たちの因子は力の核に混ざってワン・フォー・オールの中にずっと在ったのだと。

小さな核は今大きく膨れて動き出している、成長しているのだと。

そして男は問いかけます。

さっき”捕らえる”か”掴む”そう思ったんじゃねえか

覚えがあります。ちょうど緑谷は物間を捕まえようと思っていた時でした。

男はさらに言葉を続けます

その想い適した個性が「黒鞭」。

しかしこの個性もまたワン・フォー・オールに蓄積された力が上乗せされ大幅に強化されてる。

男の姿が薄くなっていきます。

最後にこう語ります、

「怒りのままに力を振るえば力は応える」「肝心なのは心を制することさ」

物間に言われた言葉が緑谷の頭によぎります。

爆豪を平和の象徴終わらせた張本人だと揶揄された言葉を。

8人の人間を渡ってワン・フォー・オールはとてつもなく大きな力となった、

これから緑谷には6つの個性が発言する、

「心を制して俺たちを使いこなせ」

緑谷の意識は現実に戻ります。

目の間にいた麗日は負傷しており、緑谷は気に病んだ瞬間、背後に物間が現れます。

「まだ終わってないんだけど!!」

すんでのところで物間の手刀をかわす緑谷、麗日が物間に接近戦を仕掛けますが、

B組 柳のポルターガイストにより阻止されます。

A組、B組の全員が一ヶ所に集まりました。

乱戦の始まりです。

麗日に向かって心操の捕縛武器が飛んできますが緑谷はそれを掴み取ります。

少し離れたところでイレイザーヘッド達教師陣が見守っていました。

第5戦を中止するべきだとのオールマイトの提言がありましたが、イレイザーヘッドは第5セット継続を決断します。

 

僕のヒーローアカデミア 213話の感想

 

緑谷の前に現れた継承者の一人、彼が語るには6つの個性の一つが開放されたようです。

8人の継承者のうち6人の個性というのは、初代ワン・フォー・オールと無個性だったオールマイトの2人を除いた個性という事なんでしょう。

緑谷はこれからどのような個性を発動していくのかが気になります。

そしてA組対B組の第5セットの行方もどうなるか。

乱戦となるとこの中で戦闘能力の高い緑谷のいるA組が有利にも思えますが、物間が誰の個性をコピーしたかまだ明らかになってません。