アクタージュ 第49話 ネタバレと感想-阿良也と巌-

2019年1月21日発売、週刊少年ジャンプ8号から

「アクタージュ」のネタバレと感想を紹介します!

アクタージュ 48話のあらすじ

舞台『銀河鉄道の夜』は終盤。ジョバンニとカムパネルラの別れのシーンに差し掛かっていた。

ジョバンニを順調に演じていた阿良也だが、ジョバンニを演じているうちに、現在死に瀕している巌を思い出し、「カムパネルラの死に気がついていないふりをしているジョバンニ」と「巌の体調不良に気づかないふりをしていた阿良也」の感情が混同し始めてしまう。

景演じるカムパネルラを見ているはずなのに、阿良也の視界には景にオーバーラップするように巌が映る。

『ジョバンニ、さようなら』景が演じるカムパネルラが、ジョバンニに声をかける。

その言葉を受け、感情が混乱している阿良也の口から出た台詞は、本来の台本にはない『いやだ』という言葉であった。

アクタージュ 49話のネタバレ

巌の病室から、急いで劇場に来た黒山。

音響調節室に入り、そこから舞台を観る。

最初に目に入ってきたのは、カムパネルラになり切った景ではなく、カムパネルラと巌、現実と芝居のはざまで感情が混乱している阿良也の姿であった。

阿良也少年が役者になる前の話—

たまに女性のマンションに行き、シャワーのみ借りて出ていく。

そんな阿良也に不満を感じていた女性。

ある日、阿良也に名前を間違えられたことに腹を立て、阿良也の顔を平手打ちする。

もう一発平手打ちを喰らわせようとしたところ、突然巌が現れ、女性の平手打ちから阿良也をかばう。

「悪ぃな姉ちゃん。こいつは役者なんだ、顔は勘弁してくれ」

突然現れた巌に驚く女性。

巌は、阿良也を稽古場に連れ戻しに来たのだった。

「俺は役者になるつもりはないって」と話す阿良也に対し、巌は「いいや、お前は役者になりたいんだ」「俺はな人の嘘がわかんだよ」と返す。

幼少期に街頭で巌のスカウトを受けて以来、特に行く場所もなかった阿良也は稽古場に出入りしていた。

しかし、役者という仕事には興味が持てずにいた。

なぜか男女問わずにモテ、物覚えも良かった阿良也。

好きでもないゲームすら、すぐに上手くなる。毎日が死ぬほど退屈だった。

そんな阿良也に、巌はある日「お前の退屈は、お前が器用なせいじゃない。お前がすべてを馬鹿にしているせいだ」と語る。

意味が分からず尋ねる阿良也に「お前は自分に正直すぎる」「いいか、阿良也。嘘吐きだらけのこの世界で、嘘を吐かない覚悟をした者を役者という。だからお前は役者になりたいんだ」と返す。

その後も、役者への興味が持てないまま過ごしていた阿良也。

しかし、劇団への出入りは続けていた。

ある日、劇団に有名女優「星アリサ」がやってくる。

巌が、舞台にキャスティングしたいとアリサに声をかけたのであった。

その様子を遠巻きに見つめる劇団員と阿良也。

しかし、アリサはその依頼を拒否。

そのまま席から立ち、出ていこうとする。

劇団員と阿良也の前を、アリサが通る。

その際、アリサは劇団員と阿良也に向かって「役者はやめておきなさい」と一言声をかける。

それを見た瞬間、阿良也には理由のわからない鳥肌が立った。

そして、アリサに断られた後の、見たことのない巌の後ろ姿。

「あれが役者」

役者に対し、阿良也が一気に惹かれた瞬間であった。

アクタージュ 49話の感想

今回は舞台ではなく、阿良也の過去の話だった。

阿良也がいかにして俳優となったのかも気になるが、星アリサと巌との関係も、これまで小出しにされてきており、気になるところ。

舞台の阿良也は、感情が混乱したまま、これからどう展開していくのかも気になる。