マンガ大賞2019 ノミネート メタモルフォーゼの縁側 ネタバレと感想

マンガ大賞2019

マンガ大賞2019のノミネート作品が発表されましたね。

この記事では2019年のマンガ大賞ノミネート作品の中から、

メタモルフォーゼの縁側 という作品のネタバレと感想を紹介しています。

マンガ大賞2019のノミネート作品、メタモルフォーゼの縁側をお楽しみください。

メタモルフォーゼの縁側のネタバレと感想

メタモルフォーゼの縁側について

この作品についてですが、75歳の老婦人と、男性の同性愛がテーマとなっています。

BL漫画(ボーイズラブ)好きの女子高生が出会い、

共通の趣味を持って仲良くなっていくというストーリーで、BL漫画とお年寄りを結び付けていて、

これまでになない異色のコラボ作品になっています。

メタモルフォーゼの縁側 ネタバレ

凹凸もなく、淡々と過ぎていく毎日がちょっとしたきっかけによって新しい扉を開く。

書店員の女子高生「うらら」に声をかけたのは、「雪」さんという75歳のお婆さんだった。

レジへと足を運んだ雪さんが持っているのは渋い時代小説でもなければ雑誌でもない、うららの愛読しているBLの本だった。

元々好きであるという気持ちをうまく表に出せず、共有することができなかったうららは、BL本を通して知り合った雪とぎこちないながらも共通した「好き」という気持ちを語らい、仲を深めていく。

書店員という立場ではなくなり、友達になった二人はこの好きを通して本の貸し借りだけではなく、愛読しているBL本の作者が本を発売するという同人即売会にも足を運んでみる事に。

「うららさんさ、最近ちょっと活発になったんじゃない?」

うららの母が微笑ましそうに言った。

決して雪さんがうららを連れまわしているわけでもない。

うららが雪を連れまわしているわけでもない。

けれど好きを通して自然と外出の増えたうららは、

ドキドキと胸の弾む変な現象に「あ、私うかれてる」と気づくのだ。

メタモルフォーゼの縁側 感想

全体的にみるとBL作品は取り扱っているものの、主軸は他者との共感のお話。

ですが、それだけなのに陽だまりのように暖かく、優しく感じるのは本作品内に「好き」を制限したり、非難する人も描写もなく、ただ好きなものを語らい、共有し、仲を深めることに重点を当てられているからかもしれません。

この作品を読んで、楽しいや、面白い、好きという気持ちに年齢は関係ないのだとハッとする方はきっと多いはずです。

メタモルフォーゼの縁側 の作者はこんな人

高岡市出身の漫画家、鶴谷香央理さんで年齢は 36歳。

鶴谷香央理さんは高岡市伏木錦町の生まれ。

高岡高校から早稲田大文学部に進学し、同大在学中から漫画を描き始め、

卒業後はアルバイトをしながら執筆活動を続けています。

 

2007年、新人漫画家の登竜門「ちばてつや賞」で一般部門準大賞を受賞。

担当の編集者が付き、同年末、コミック誌「モーニング」(講談社)に「おおきな台所」が掲載されデビュー。

漫画家のアシスタントをしながら次作を模索していたところ、

KADOKAWAの編集者に声を掛けられ、

17年11月、コミックニュータイプで「メタモルフォーゼの縁側」の連載をスタート。