約束のネバーランド 第120話 ネタバレと感想-形のない怪物-

2019年1月28日発売、週刊少年ジャンプ9号から

「約束のネバーランド」のネタバレと感想を紹介します!

約束のネバーランド 119話のおさらい

食用児の楽園を造り、食用児達を率いていたのは、ミネルヴァではなく出荷されたはずのノーマンであった。

ノーマンは出荷された後、「Λ7214」という食用児の実験場で過ごしていたのだった。

ノーマンはミネルヴァの支援者の力を借りて脱獄。

ピーター・ラートリーによる粛清で支援者が殺されてしまうが、殺される前にノーマンがその情報とネットワークを受け継いだのであった。

ノーマンはエマ達に「みんなは知ってる?なぜ、鬼は人間を食べるのか。食べなければいけないのか」「“鬼”とは何なのか」と質問を投げかける。

約束のネバーランド 第119話 ネタバレと感想-邂逅-

約束のネバーランド 120話のネタバレとあらすじ

「奴らは、ヒトを食べなければあの姿も形も保てない。形のない怪物なんだよ」

ノーマンは語り始める。

鬼の最初は、恐らく『細菌』に似た何か。

細菌は“分裂”により数を増やす。

本来の分裂は、遺伝子情報が同じ生物が増えるだけのもの。

そんな細菌が進化・変容を遂げた理由は“突然変異”と“遺伝子の水平伝播”である。

“遺伝子の水平伝播”とは、他の生物の遺伝子を取り込むことであり、鬼の進化もそれに似ていた。

鬼は食べた物の遺伝子を取り込み、その形質を受け継ぐ。

虫を食べては虫のようなものに、魚を食べては魚のようなものに変化していった。

ある時、鬼はヒトを食べた。

そうして、ヒトに似た姿と高度な知能、言葉や文化を獲得したのであった。

驚異的な速度で進化・変容を遂げていく鬼。

しかし、そんな鬼達の速すぎる進化の代償。

“食べ続けなければ、形も知能も保っていられない”のである。

ノーマンの話を聞いたエマ達は驚く。

「良くも悪くも、すぐに遺伝情報が書き換わる。極めて不安定な生き物なんだ」

ノーマンは話を続ける。

「だからね、農園を潰せば、いずれ鬼は滅ぶ」。

全部の農園を潰し、鬼達にヒトを食べさせないようにすると語るノーマンに、「出来るの?そんなこと…」と尋ねるギルダ。

「できるよ」とはっきり答えるノーマン。

その理由として、Λ7214を挙げる。

ザジとノーマンが過ごしていたΛ7214では、多種多様な高級肉を、質の良い量産肉を、という目的で手段を選ばず人肉の改良実験を行っていた。

繰り返される投薬と実験、品種改良の過程で筋肉や神経系、感覚などにおいて異常な発達・変則的成長を見せる個体が出てきた。

ザジの高い身体能力は、そこから生まれてきたものだったのだ。

Λ7214で過ごしていたアダムにも、怪力や驚異的な回復力という能力が備わっている。

「この力は、鍛えれば鬼にも勝る戦力になる」「彼ら“イレギュラー”を確保する意味でも、僕らはまずラムダと系列農園から襲い解放した」と話すノーマン。

「エマやレイ、みんなと今度こそ一緒に生きたいんだ。そのための最善の方法は何か考えた」

「ネバーランド(大人になれない世界)はもう終わり。この世界に全食用児の楽園を築こう」

ノーマンはエマ達に向かって語り掛ける。

約束のネバーランド 120話の感想と考察

鬼の正体がノーマンによって語られ、今まで疑問であった鬼達の個体差の理由がわかった。

ノーマンの話を聞いていると本当に鬼達を殲滅出来そうな気がするが、今後どのように話が展開していくのか気になる。