約束のネバーランド 第121話 ネタバレと感想ーよかったねー

2019年2月4日発売、週刊少年ジャンプ10号から

「約束のネバーランド」のネタバレと感想記事になります!

約束のネバーランド 120話のあらすじ

鬼は、食べた物によって遺伝情報が書き換わっていく生き物だと語るノーマン。

鬼はヒトを食べたことで高度な知能・言葉や文化を獲得していったのだ。

驚異的な速度で進化していく鬼達。

しかし、良くも悪くも遺伝情報がすぐに書き換わってしまうため、“食べ続けなければ、形も知能も保っていられない”のであった。

ノーマンは「農園を潰せば、いずれ鬼は滅ぶ」と語る。

農園が潰せると語る根拠は、「Λ7214」。

Λ7214では、品種改良の目的で食用児の実験が行われていた。

そこでは、高い身体能力を持った食用児達が生まれていた。

「鍛えれば、鬼にも勝る戦力になる」

「ネバーランド(大人になれない世界)はもう終わり。この世界に全食用児の楽園を築こう」

ノーマンはエマ達に語り掛ける。

約束のネバーランド 第120話 ネタバレと感想-形のない怪物-

約束のネバーランド 121話のネタバレ

「もう逃げなくていい。この世界に全食用児の楽園を築こう」

ノーマンはエマ達に語り掛ける。

エマは驚き戸惑うが、エマ以外の仲間達は、「すごいや!」「鬼が倒せる!」「考えもしなかった…鬼達を全部斃せるかもしれないなんて…」と声を上げて喜ぶ。

食用児が人間の世界へ行っても、受け入れてもらえるのか不安もある。

今いるこの世界を、鬼のいない世界に出来るのであれば、それが一番良い。

鬼がいなかったら食べられずに済む、怯えずに済む。

そう考え、みんなの顔に笑顔が広がる。

子供達は「よかったねエマ」「みんな笑って暮らせるよ」とエマに声をかける。

ギルダも「これでもう、エマに無茶させずに済む」と安堵の表情を浮かべる。

ノーマンはエマを見つめ、「つくろう、一緒に。今度こそ。誰一人失わない未来」と声をかける。

エマは迷いもありながら、自分の望む未来のために進んでいこうと決める。

話がひと段落したところで、ノーマンは、エマ達が休めるよう部屋を用意したと伝える

。ノーマンが案内したのは、アジトの中にある2棟の建物。

そこには、きれいなシーツやベッド、風呂やキッチン、リビングが備えられていた。

きれいな居室に喜ぶ子供達。

その後、みんなで食堂へ集合。

沢山のごちそうがエマ達に振舞われた。

ノーマンも食堂へきて、エマ達と一緒に食事を食べる。

エマ達は沢山話をして、久しぶりにお腹が痛くなるまで笑った。

食事後、ノーマンは「ああ、楽しい!」と笑顔を見せる。

エマはそんなノーマンの様子を見て「良かった。本当に変わってない。ノーマンだ」「今、ノーマンが生きて隣にいるんだ」とエマも笑顔になる。

「寝るのがもったいない!」と、エマ・レイ・ノーマンの3人は夜遅くまで楽しく過ごした。

いつの間にか、3人は眠ってしまったが、寝姿は仲良く3人は寄り添って眠っていた。

約束のネバーランド 121話の感想

ノーマンが「食用児の楽園を造る」と宣言した際、エマだけは戸惑い喜ぶ様子を見せなかった。

最終的には自分に言い聞かせるように「鬼のいない世界を作る」ことに同意したが、エマが何に迷いを感じていたのかが気になる。

久しぶりに3人仲良く過ごせたが、今後もその関係が続いていってほしい。