ブラック・クローバー 第191話 ネタバレと感想-これぞ王道!これぞ少年ジャンプ的展開!-

2019年2月4日発売、週刊少年ジャンプ10号から

「ブラック・クローバー」のネタバレと感想の記事になります!

 

ブラック・クローバー 190話のあらすじ

 

ブラック・クローバー 第190話 ネタバレと感想-最強パーティ集結!突入、影の王宮!-

 

ブラック・クローバー 191話のネタバレ

 

影の王宮へ突入したアスタたち突入したそこはまるで激流の中ように激しいマナが流れており、魔力も操作できないくらいでした

 

流れになすがまま流されるアスタ達

 

流れの行きついた先でアスタとミモザは石造りの建物の中にたどり着きました

 

一緒に突入した他の面々とははぐれてしまったようです

 

ミモザは「魔花の道標」を使用しこの場所の構造を調べ始めます

 

ミモザの目の前にはセフィロトの樹のような図が現れ、構造としてはいくつかの大きな空間がありそれぞれにエルフの魔力を感じるとのこと

 

そして自分たちはその空間をつなぐ道の一つにいる状態とのこと

 

他の面々もう同様な状態でバラバラに飛ばされており、それぞれの場所で敵を倒さないと合流できない様子

 

しかもその敵はセフィラの徒と呼ばれる魔法騎士団長クラス以上の魔力の持ち主です

 

一番上の空間には最も強い魔力を感じるとのこと

 

「とにかくそいつがボスだな」

 

アスタの方針は決まりました

 

それらの空間のエルフを倒していき、上り詰め、ボスのいるテッペンに全員が合流する、というものでした

 

さっそくアスタとミモザは階段を駆け上っていき、真ん中の空間に突入するのでした

 

階段を駆け上った先の空間にはたくさんの絵が飾られておりそこにはエルフに転生魔法を受けたリラがいました

 

アスタは「今目を覚まさせてやるからな」と声をかけるのですが、エルフ化したリラは絵画魔法を発動させ、飾られていた絵からはこの世のものとは思えない異形の生物、自然現象が現れるのでした

「僕達は新しい世界を描くんだ…!!人間を消し去った真っ白いカンバスにね」

 

その光景に苦い表情を浮かべるアスタたち

 

「やっぱそう簡単にはいかなそぉだな…!!」

 

場所は変わりノエルは一人、別の空間に飛ばされていましたそこにはエルフ化した白夜の三魔眼ファナが宙に浮かんでいました

 

また、別の空間ではメレオレオナの前に一人の男が鎮座しています

 

こちらもエルフ化した白夜の三魔眼ヴェット

 

更に別の場所ではフエゴレオンが一人の男と対峙してました

 

その男は“王国最強の盾”とも呼ばれるカイゼルでした

 

それぞれの戦いが始まります

ブラック・クローバー 191話の感想

 

騎士団長達と黒の宮殿に突入したアスタですが、突入した途端バラバラの場所に分かれてしまいました

そして、それぞれの目の前には強力な敵が一人ずつ現れ、それらを倒して、最上階にいるボスを目指して空間を駆け上がっていくようですが、実に王道な少年ジャンプ的な展開ですね

まるで12の星座の宮殿にいる強力な敵を倒していくかのようなかつてのワクワク感がを彷彿させる展開です

 

しかし敵は強力です、はたしてアスタ達は最上階にたどり着けるのでしょうか