ネオレイション(ne0;lation) 第7話 ネタバレと感想-レミングゲーム後日談、黒幕登場-

2019年2月4日発売、週刊少年ジャンプ10号から

「ネオレイション(ne0;lation) 」のネタバレと感想の記事になります!

 

ネオレイション(ne0;lation) 6話のあらすじ

 

ネオレイション(ne0;lation) 第6話 ネタバレと感想-レミングゲーム黒幕戦意喪失!-

 

ネオレイション(ne0;lation) 7話のネタバレ

 

レミングゲームから咲を救い出して2日経ち、安西の悪事はネオによってネットにアップロードされ、世間ではニュースになってました

 

薬袋はテレビから流れるニュースを見ています

 

それによると安西はまだ逃走中のようです

 

薬袋の姉は「なんで大学は心を操る AI の研究なんて許したんだろうね」と呟きます

 

テレビではAIにもいい面がある、AI はただの道具でありそれ以上でもそれ以下でもない、人がどう使うということが重要なのだと、薬袋の姉の質問に答えるように流れていました

 

薬袋はネオに電話をかけ、逃走中の安西の行動はmotokoでわからないかと問いますが、予測できるの安西限定であり、それが外れるということは他の人間が関わってる可能性が高いと答えます

 

つまりそれは逃亡に手を貸している人物がいるということです

 

薬袋はどうするのかと質問しますが、ネオはどうせ指名手配中なのでそのまま放っておけばいいと答えました

 

あくる日、学校では夕子がダンスの練習をしており、咲はそれを眺めていました

 

そこに現れるネオ

 

ネオは咲に対してある疑問を投げかけます

 

レミングはなぜ咲に家出させたのか、普通通りの生活をさせたまま自殺させれば怪しまれることはなかったのにと

 

咲は家出したのはレミングの指示ではなく周囲の人間に迷惑かからないように自らの意志で行ったと答えます

 

ネオは咲が家出をしたことでレミングの存在に気づけ、奴の犯行を止めることが出来た、レミングの計画を最初に崩したのは宮内咲だと語るのでした

 

「君が戻ってユッコや両親は喜んでたろ?君が生きてるだけで喜ぶ人間がいる」

 

「君にはそれだけの価値がある」

 

そう語るネオの言葉に咲は涙をこぼすのでした

 

その咲がネオに泣かされているところを見つけた夕子はネオを悪党呼ばわりしますが、夕子は笑顔でした

 

とある廃墟の中で安西は息を切らして目の前の男に礼を述べます

 

男の名はジェヴォーダン

 

ジェヴォーダンが安西に手を貸したのは、安西も自分達と同じ、人の定めた法の原理から外れた獣だと思ったからと語ります

 

そしてレミングゲームのの犯罪プランはジェヴォーダンから贈らたものだったとのこと

 

安西はこのまま逃亡を続けられるのかと不安になりますが、ジェヴォーダンは「あなたは僕が絶対に警察には捕らえさせません!」と言葉を掛けます

 

あくる日安西が潜んでいた廃墟に警察が突入しましたが、そこには人影はなく、壁には獣ようなマークが血で描かれていました

 

ところ変わって燃え盛る炉に安西のサンダルとスマートキーなどが投げ入れられてました

 

安西は3000度の炉で燃やされてしまったのです

 

そこにはジェヴォーダンとはギデオンと呼ばれる男がいました

 

「これであなたが警察に追われることは永久にありませんよ」と独りごちるジェヴォーダン

 

ギデオンはレミングをレミングを俺たちの5人目にするつもりだったのではないかと質問しますが、レミングは所詮ネズミだった獣と呼ぶには牙が短すぎたと切り捨てるのでした

 

そしてレミングを追い詰めた人物を5人目に迎えること提案するのでした

 

ネオレイション(ne0;lation) 7話の感想

レミングの計画を見事に潰しその後日談、平和が訪れたように見えますが、黒幕が2人現れました

黒幕は全部で4人おり、5人目の仲間としてネオに目を付けたよおうですが、果たして彼らの目的は、そしてネオに対しどのように接触を図っていくのでしょうか