ダイヤのA actⅡ 第156話 ネタバレと感想-探り合い-

マガジン ネタバレ 感想

2019年2月13日発売、週刊少年マガジン11号から

「ダイヤのA actⅡ」のネタバレと感想を紹介します!

ダイヤのA actⅡ 155話のおさらい

沢村と交代した川上は完璧なリリーフで後続を打ち取る。これにより青道ベンチが活気づく。

4回裏、青道の攻撃に移る。打順は4番御幸から。

御幸はいつになく真剣な顔つきで相手ピッチャーの東山に対峙する。

初球を見送ったあとだった。

際どいコースに投げ込まれたボールをもろともせず、打った瞬間にホームランとわかる打球がバックスクリーンに突き刺さる。

ホームランを打った御幸だが表情は変えずダイヤモンドをまわる。

同点に追いついたことで、沢村の表情からも笑顔がこぼれる。

ダイヤのA actⅡ 156話のネタバレとあらすじ

御幸のホームランで同点に追いついた青道は、続く前園のもセンターオーバーのツーベースを放つ。

片岡監督からは4回の攻撃に移る前に選手たちに、打てる球が来たら迷わずにバットを振るように指示をしていた。

続く東条は監督からのアドバイスと持ち前の配球を読むセンスによって相手のスライダーを狙い撃ちしツーベースとする。

ランナーの前園の激走も功を奏し青道は勝ち越しに成功する。

これによりベンチはいつもの活気が戻る。

責任を感じていた沢村も勝ち越しにより安堵し御幸のホームランを称えに歩み寄る。

 

御幸から沢村に、エース一人でチームを背負っているわけではないと諭され、一人で空回りしていたことに気づかされる。

打線は続く結城は三振となるが、金丸がしぶとく内野安打を放ちワンアウト1塁、3塁の絶好のチャンスを迎える。

続くバッターは川上。ここで両監督から選手たちにサインが送られる。

追加点を許したくない由良総合は1塁ランナーの進塁は諦め、3塁ランナーと打者に集中するシフトを敷く。

川上は初球をヒッティングでファール、続く2球目はスクイズの構えをしボールとする。

打者有利のカウントに持ち込むことで相手に揺さぶりをかけようとする。

3球目をゾーンで勝負することを選択した由良総合はストレートをインコースに投げ込む。

これを読んでいたかのようにランナーは一斉にスタートをかける。

これにすかさず反応した川上は1塁方向にゴロを打つ。

金丸は2塁へ進塁、東条が生還し点差を2点とする。

普段からの練習の成果を発揮した青道に流れが戻る。

ダイヤのA actⅡ 156話の感想と考察

今までの苦戦が嘘のような展開となった。

逆転に成功したことでこの試合はもう決着がつきそうな流れとなっている。

初戦ということで、流れを掴み切れなかった青道だったが、息を吹き返したかのように打線がつながったことでバッティングに関しても今後は期待できると感じた。

今話は、両監督のサインの出し合いにも注目だった。

師弟対決でもあるため1点をめぐる攻防で手に汗握る展開となったが、結果は片岡監督の勝利となったこと

で、由良総合はもう手の打ちをすべて出し切った展開になった。

次回は試合の決着が予想されるが、どのように締めくくられるかに注目したい。