チェンソーマン 第1話 ネタバレと感想-主人公がとにかく不幸-

マンガ ネタバレ 感想

チェンソーマン 1話のネタバレと感想を紹介します!

新年第1号の新連載作品「チェンソーマン」のネタバレと感想になります。

現代が舞台のダークファンタジーの「チェンソーマン」その内容は・・・

チェンソーマン 1話のネタバレとあらすじ

デビルハンターの少年デンジは悪魔と対峙している。

彼は悪魔を殺すごとに仲介人から報酬を受け取るモグリのデビルハンターである。

その報酬は借金の返済に充てられるが、借金はあまりにも膨大で返済しきれず自らの片目や臓器等を売り払ってしまう始末だった。

デンジはチェンソーと犬を組み合わせた姿をした悪魔のポチタと契約している。

かつてポチタは瀕死の重傷を負っていたところをデンジに命を救われた事がある。

悪魔は人間の血を飲めば傷を治せるのでデンジはポチタに自らの血を与えたのだ。

 

それ以来デンジはポチタの力を借りデビルハンターとして生計を立てている。

ある日デンジのもとにデビルハンターの仕事が持ち込まれた。

廃工場に連れてこられたデンジは悪魔を探している最中に仲介人に後ろから刺されてしまう。

仲介人に悪魔によってゾンビにされ操られていた。

ポチタも致命傷を負ってしまい、デンジは必死で逃げ出すが悪魔の手下のゾンビ達に囲まれ、バラバラに切り刻まれてしまう。

 

ゴミ捨て場に投棄されてしまったデンジの死体。

その死体から流れ落ちる血がポチタの口の中に流れ込む。

デンジに託された夢を思い返すポチタ。

「悪魔は死んだ人の体を乗っ取れるヤツもいる。ポチタにそれができるんだったら俺の体をポチタにあげてーんだ」

そして普通の暮らしをして普通の死に方をしてほしいという夢。

 

ポチタの体がデンジの死体に融合し、バラバラになってた体が結合していく。

そしてデンジに語りかける。

「私の心臓をやる。かわりに…デンジの夢を私にみせてくれ」

 

デンジは蘇生した。

売り払ったはずの片目は再生し、心臓の位置からポチタの尻尾が体から飛び出している。

それを見た悪魔は再びゾンビを仕向けるが、デンジは自らの体を変貌させ、全身からチェンソーを生やした異形となり、ゾンビを、そして悪魔を切り刻んでいった。

翌朝、ゾンビの肉片の上に立ち尽くすデンジの前に謎の少女が現れる。

少女は自を公安のデビルハンターだと名乗り、そして「悪魔として私に殺されるか、人として私に飼われるか」と選択肢を提示する

 

人の姿に戻ったデンジの選択は…?

チェンソーマン 1話の感想と考察

新年第1号の新連載は現代が舞台のダークファンタジーです。

まず主人公のデンジがとにかく不幸!父親が遺した膨大な借金のせいで自らの臓器すら売り払っているという自分語りから始まり、ゾンビに全身をバラバラにされ、挙句の果てに悪魔に姿を変えてしまいます。

絵は荒い印象を受けますが悪魔との戦闘シーンでは独自の絵の力強さを感じとても目を引きます。

好き嫌いは大きく分かれてしまうかもしれませんが私はとても気に入りました。

果たしてデンジは幸せになれるのか?どのような悪魔の描写が繰り広げられるのか?を見守っていきたいと思います。