チェンソーマン 第10話 ネタバレと感想-デンジ死す?新たな公安メンバー登場!-

2019年2月18日発売、週刊少年ジャンプ12号から

「チェンソーマン」のネタバレと感想の記事になります!

 

チェンソーマン 9話のあらすじ

 

前回のお話しはこちら

↓ ↓ ↓

チェンソーマン 第9話 ネタバレと感想-一難去ってまた一難、新たな悪魔登場!-

 

チェンソーマン 10話のネタバレ

 

悪魔の攻撃をその身に受け傷だらけになりながらも戦い続けるデンジ

 

「たかが胸を揉むためにこんなに戦えるのか?」

 

パワーは感心したような呆れるような口調で言い放ちます

 

デンジはチェンソー悪魔の姿になれずに素手で悪魔を殴りつけますが、相手の攻撃を受け吹き飛ばされ、それでも立ち上がります

 

「嘘でしょ、こんな子犬ちゃんにコウモリは殺されちゃったの!?」

 

まるで手ごたえのないデンジに悪魔はそう言います

 

「コウモリは私と一緒に人間をすべて食べる夢を見ていた…無謀だけど崇高で素敵な夢」

 

その夢をぶち壊したデンジを殺すと悪魔は言い放ちます

 

「胸揉む前に死ねっかよ」

 

そう言い張るデンジをくだらない低俗な欲望だと悪魔は一蹴します

 

デンジの脳裏にはパワー、そして早川にかけられた言葉がよぎります

 

「馬鹿みたいな理由じゃな」

 

「お前以外全員本気なんだよ」

 

デンジはわずかに頭から生えたチェンソーで斬りつけます

 

「みんなえらい夢持ってていいなア!」

 

これまで自分を見下してきた人たちを思い起こしながらそう言います

 

「じゃあ夢バトルしようぜ!夢バトル!」

 

「俺がテメーをぶっ殺したらよお~!てめぇの夢ェ!胸を揉む事以下な!?」

 

デンジは吠えます

 

再度悪魔の攻撃を受けながらも前進を続けるデンジ

 

悪魔の攻撃はデンジの顔をえぐり眼球が落ちかけてます

 

「悪魔じゃ」

 

その様子を見たパワーが呟きました

 

デンジは頭のチェーンソーを悪魔に突き刺します

 

しかし悪魔の舌は電磁の腹部を貫いてました

 

「いただきまァアす!」

 

グッタリとしてデンジを捕食しようとする悪魔

 

その時何者かの指が悪魔の姿をとらえます

 

それは早川でした

 

「コン」

 

早川がそう一言だけ言うと

 

巨大なキツネの頭部のような怪物が現れ悪魔は食いちぎられてしまいます

 

「こいつはヒルの悪魔だね飲み込んでいい?」

 

早川への許可を得たその巨大な狐はそのまま霧のように消えてしまいました

 

そこには早川含めて四人の公安デビルハンターがいました

 

「ヒルの悪魔駆除確認」

 

「新人は生存者の救出保護と避難誘導」

 

「姫野先輩は悪魔の警戒お願いします」

 

テキパキと指示を出す早川

 

意識がもうろうとしてるデンジは早川に担ぎ上げられます

 

「お前と血の魔人は事情聴取!」

 

ニャーコの身を案じるパワーに対し、

 

「猫は動物病院で健康状態の確認!」

 

早川はそう指示を出したのでした

チェンソーマン 10話の感想

 

苦戦を強いられるデンジは夢とは何かということに疑問を抱き始めました

 

普通に生活することも出来ない貧しい生活を送り、普通の生活を夢見たデンジが公安にスカウトされる事で夢をかなえました

 

そして夢とは何なのか自己に問いかけますが、やけにもなっているようで悪魔の攻撃を身に受け続けてます

 

死にそうにはなりましたが寸前なところで早川先輩が助けに来てくれました

 

お久しぶりです早川先輩

 

どんな能力を持っているのか謎でしたが、今回は狐の化け物を呼び出すという能力の一端が垣間見えました

 

そして新キャラも続々登場してきました

前回が打ち切り臭い展開で終わったので気にはなりましたがとにかくデンジは助かったようで、まだまだ戦いは続きそうです