僕のヒーローアカデミア 第208話 ネタバレと感想-No.1ヒーローは俺だ-

マンガ ネタバレ 感想

2018年12月3日発売の週刊少年ジャンプ1号の最新話になります!

僕のヒーローアカデミアを読んだので、

僕のヒーローアカデミア 208 話のネタバレと感想を紹介します!

僕のヒーローアカデミア 208話のネタバレとあらすじ

A組VSB組合同訓練編、A組は爆豪、耳郎、瀬呂、砂藤による編成チーム!

対するB組は鎌切、取蔭、泡瀬、凡戸による編成で待ち伏せ戦法を駆使し、A組を迎え撃ちます。

一瞬の隙を見計らい鎌切は耳郎を攻撃!

しかし、すんでのところで爆豪により守られる耳郎!

 

あの爆豪が仲間を庇った!?

試合を観戦していたB組の物間は味方を庇う爆豪の姿に衝撃を受けますが、A組の面々特に驚いた様子もなく、さも当然の出来事のように受け止めてます。

爆豪が鎌切を追撃します。

「勝負は必ず完全勝利!4-0無傷!これが本当に強ぇ奴の“勝利”だろ!」

爆豪は吼えます。

「A組は爆豪が行動・命令するワンマンチーム」それがB組の認識。

ならば爆豪のミスを誘うため一旦退避し、再度待ち伏せ戦法を繰り出します。

 

耳郎が個性を駆使して索敵をしますが、爆豪は凡戸を発見し追撃します。

しかしそれはB組の罠!

泡瀬が一瞬のスキをついて爆豪を拘束!

されるも砂藤が爆豪を救出!

続けて爆豪が囮となり泡瀬の注意をひきつけます、その隙を突いて耳郎と瀬呂が泡瀬を確保!

矢継ぎ早に爆豪と砂藤の連携により凡戸を確保していきます。

 

取蔭は焦ります。

爆豪のワンマンチームだと思っていたのにA組は完璧なチームワークで追い詰めてきているからです。

 

「爆破式カタパルト!!!」

爆豪が鎌切を撃破!

残るB組は取蔭ただ一人。

 

 

取蔭の個性は体を50に分割する特技「しっぽ切り」。

その特技を用いて耳郎の索敵をくらましてきました。

しかし瀬呂は推測します。

体の欠けた部分の再生による疲れと集中力低下を抑えるために切り離した部位の一部を本体に戻しているのではないか?

その推測は的を得ており、取蔭が本体に戻そうとした部位には瀬呂が爆豪から受け取った爆弾が張り付けられてありました。

取蔭はすんでのところで爆弾を回避しましたが、爆音から位置は割れてしまってます。

爆豪のそのチャンスを見逃しません。

ゼロ距離閃光弾が炸裂!

A組の完全勝利で今回は幕を閉じました。

僕のヒーローアカデミア 208話の感想と考察

今回はとにかく爆豪の大フィーチャー回です。

才能と実力があり、No.1ヒーローへの熱い思いを持ちながらもチームプレイが不得手な男がついに覚醒しました!

「変わってねェよ昔も今も俺の目標はオールマイトをも超えるNo.1ヒーローだ」

あくまで自分は変わったわけではなくNo.1ヒーローになるためのチームプレイであるというブレない感じがこのセリフに集約されててイイですね。

展開もスピーディーで見開きで追撃し、次々技を繰り出す爆豪の姿はに爽快感を感じましたし、サポートに回る耳郎、瀬呂、砂藤ともお互い信頼しているところも良かったです。