EDENS ZERO 第32話 ネタバレと感想-殺人鬼の恐怖-

マガジン ネタバレ 感想

2019年2月20日発売、週刊少年マガジン12号から

「EDENS ZERO」のネタバレと感想の記事になります!

 

EDENS ZERO 31話のあらすじ

『EDENS ZERO』は、真島ヒロ先生の作品です。

「機械の星」グランベルでただ一人の人間である主人公シキと、動画投稿者で冒険家のレベッカが出会い、戦艦エデンズゼロの本来の力を取り戻すべく、宇宙の冒険家から女神とあがめられるマザーを目指して旅立つというSF冒険漫画です。

前回31話「デジタリスの民」を紹介します。

謎の男性の正体は、亡国の王子として戦う剣士、という設定をしたホムラでした。唖然とするレベッカ。

そんなところに背後から現れたのは見慣れない色黒の女性。彼女はなんとワイズでした。

ホムラもワイズもせっかくの仮想空間だから楽しもうと違う性別を選択したとのことでした。かわいい人間になったピーノと元の髪型をイメージしたシキも合流し、ようやく冒険開始。

レベッカはこの仮想世界について分析をし、HP表示やステータスなどもないことを発言、星でのデータ改ざんは違反行為となり追放されることを告げる。

近くの街を訪れる一行は、町のおじさんと話をする。NPCというが、おじさんは自由に会話をして楽しそうな様子。

これを見たホムラは、NPCとプレイヤーとの区別がつかないことを懸念する。NPCに扮して悪意のあるプレイヤーが混ざっている可能性があるという。

そんな中、宿屋に不審な男が乱入、NPCである宿屋の主人に対し「女を出せ」と脅迫する?!。

 

EDENS ZERO 32話のネタバレ

第32話は「殺人鬼ジャミロフ」です。

エデンズゼロでは、ウィッチとシスターが何者かによりハッキングのような攻撃を受けていると分析、デジタリスにいる一行を心配します。

一方、デジタリスを冒険する一行は、北の町に移動中、大きなモンスターに遭遇します。

こんな展開を待ち望んでいたシキでしたが、モンスターは戦うつもりはなさそう。

もともとは北の町「クリスタ」でイベントを担うNPCだったようですが、殺人鬼“ジャミロフ”の為に町が壊滅状態になっていると言います。

NPCもプレイヤーも殺していく恐怖の存在とのこと。

通常NPCを攻撃したらBANされて追放されてしまうが、なぜかジャミロフはそうならない。命からがら逃げてきたようです。

モンスターは、ハーミットらしき少女を見たと言います。ぼーっとした女の子で町の外れにいると教えてくれます。

クリスタに到着する一行。

ジャミロフが残酷な方法でNPCを惨殺している光景を目にします。シキは怒りが収まりません。

一方、ぼーっとした少女が悲しげな表情で座り込んでいます。彼女はハーミットなのか?

EDENS ZERO 32話の感想

今回は、殺人鬼ジャミロフの存在が際立っています。

文章で伝えるのは難しいですが、かなり残酷な描写が印象的でした。

これではシキでなくとも怒りが収まらないのは当然です。

次回でぜひシキにこの残虐者を倒してもらいたいです。

最後に出てきた少女がハーミットのような気がしますが、何か内なる思いがありそうで、そちらもどんな風に展開していくのか、今から楽しみです。