チェンソーマン 第11話 ネタバレと感想-デンジとパワーが一つ屋根の下で同居開始?-

2019年2月25日発売、週刊少年ジャンプ13号から

「チェンソーマン」のネタバレと感想の記事になります!

 

チェンソーマン 10話のあらすじ

 

前回のお話しはこちら

↓ ↓ ↓

チェンソーマン 第10話 ネタバレと感想-デンジ死す?新たな公安メンバー登場!-

 

チェンソーマン 11話のネタバレ

 

病室のベッドにて目覚めるデンジ

 

ベッドの横には早川がリンゴの皮を剥いていました

 

「お前の腕…拾っておいたぞ」

 

ヒルの悪魔に食われたはずのデンジの右腕は元通りくっついていました

 

輸血したらくっついたとの事でまるで悪魔のようだと早川は評します

 

そういう早川も悪魔と仲良く話をしていただろうとデンジが指摘します

 

「デビルハンターは悪魔と契約して悪魔と戦う」

 

早川はそう答えました

 

「俺は狐の悪魔と契約している、力を借りる代わりに体の一部を狐に食わせる契約だ、今回は皮膚を食わせた」

 

そう言う早川の左腕には包帯が巻かれていました

 

デンジはカットされたリンゴに手を伸ばしますが早川は遠ざけます

 

「悪魔は常に人の死を望むそれは魔人も同じだ」

 

と言う早川に対し何かを察したデンジは「パワーはいいやつだぜ」と答えるのでした

 

監視カメラに巡回エリア外に行くデンジとパワーの姿が確認されたこと、

 

そしてコウモリの悪魔が潜んでいたと思われる家にはデンジの血が大量に付着していたこと、

 

それらの状況から類推し、早川はデンジに血の魔人に殺されそうになっただろうと指摘します

 

「理由は分からないがお前はまた悪魔に肩入れしているな」

 

デンジは知らないふりをします

 

以前にドライブスルー近くでデンジに助けられた親子がお礼を言いに来たこと、

 

ビルから逃げるよう怒鳴られた女性がお礼に来たこと、

 

車ごと投げられたことについて男性が苦情を入れてきたこと、

 

それらの人々の言葉が早川の脳裏によぎります

 

そして、上に報告すればパワーもデンジも処分されると言いますが、一つ条件を飲むなら見逃してやるとも言い、リンゴを差し出しました

 

「俺の言うことは素直に聞くこと」

 

それが早川の出した条件です

 

「頭に入れといてやらあ」

 

条件を飲むデンジでした

 

「安心してくれ、アンタらみてえにご立派な目標はねえしショボい夢しかねぇけどよ、テメエと同じくらい俺マジでやからさ、ド~ンと期待しといてくれ」

 

リンゴを食しながら言うデンジ

 

早川は病室を去ります

 

病室の外には手枷を嵌められたパワーと姫野先輩がいました

 

パワーを開放して本当にいいのかなと姫野は心配しますが、早川はパワーの枷を外します

 

早川は「悪魔でも魔人でも使えるモンは何でも使うべきだ、でも敵は敵…利用するだけです」と答え、

 

「馴れ合うつもりはないですよ」

 

と宣言します

 

そして早川の部屋にパワーとニャーゴが同居する事になりました

 

早川はマキマに電話して理由を問いただします

 

早川ならデンジとパワーのいい首輪になれると言い、

 

「私が早川君を一番に信用してるからだよ」

 

とマキマから言われて仕方なく早川は受け入れるのでした

 

夕食にカレーを出しますがパワーは野菜は嫌いだと言い、カレーからニンジンを投げ捨てます

 

それを受け止めるデンジ

 

「風呂はたまにしか入らん派じゃ」

 

「トイレ?糞はたまにしか流さん派じゃ」

 

パワーの生活態度に早川とデンジは苦言を呈しますが、

 

「人間は繊細じゃのお~!」

 

と言い、パワーはあまり気にしてない様子です

 

その夜不満げにトイレ掃除をするデンジの前にパワーが現れます

 

「約束だったじゃろ、胸を揉ませてやるから…揉め!」

 

トイレで二人きりになるデンジとパワー

 

「ホレ!どうした!嬉しいじゃろ!揉め揉め!」

 

「天使」

 

デンジには目の前の魔人がそう見えました

チェンソーマン 11話の感想

 

早川先輩の元にデンジだけでなくパワーまで転がり込んできました

 

そしてトイレに二人きりになりまさかのラブコメ展開です

 

はたしてデンジとパワーの仲は進展?するのでしょうか

 

そしてデビルハンターがどのように戦うのか初めて説明されました

 

悪魔と契約して力を借りる代わりに身体の一部を見返りに与えるという事

 

デンジはポチタと知らず知らずのうち自然に契約していたようです

 

早川先輩は刀を背負ってましたが、悪魔に戦闘してもらうのだとしたら、あの刀はいらないのでは?

 

それともあの刀はファッションで趣味なのか?と早川先輩のことが個人的には気になってます