約束のネバーランド 第124話 ネタバレと感想-聞かせろよ-

2019年2月25日発売、週刊少年ジャンプ13号から

「約束のネバーランド」のネタバレと感想の記事になります!

 

約束のネバーランド 123話のあらすじ

鬼は殺したくないが、食用児は食べられたくない。

レイに気持ちを打ち明けたエマ。

レイは、「納得してねぇなら、とことん向き合った方がいい」と語り、ノーマンと話し合うことを提案する。

「鬼と人間が共存出来る道もあるかも」と語るレイの言葉に、微かな希望を見出すエマ。

ノーマンと話をするため、エマとレイはノーマンの部屋を訪れる。

しかし、ノーマンは不在。

ノーマンの部屋には、ヴィンセント、ノーマンの机に座り肉を頬張る女性、ソファーでくつろぐガタイの良い男性の3人がいた。

出直そうとするエマ達だが、3人から「君らグレイスフィールドのお坊ちゃん達に興味がある」と引き留められる。

約束のネバーランド 124話のネタバレ

ガタイの良い男性はシスロ、肉を頬張る女性はバーバラと名乗る。

それにヴィンセントを加えた3人に囲まれるエマとレイ。

シスロとバーバラは、エマとレイを睨みつけるように見つめる。

すると突然、「俺達も脱走者だかんな!」「てか、俺たちの方がすげぇかんな!」「農園ぶっ潰してっかんな!」シスロとバーバラが2人にアピールを始める。

ヴィンセントは「子供じみた対抗心で張り合っている」と説明。

「すまんが、適当に肯定してやってくれ」と語る。

それを受け、レイは適当な言葉でシスロとバーバラを褒める。

適当な誉め言葉だったが、機嫌が良くなるシスロとバーバラ。

レイは、バーバラのマークの位置から、バーバラがΛ7214出身者だと察知。

ボス不在の部屋で、大きな態度がとれるシスロとバーバラは、ただの一兵卒ではないと感じる。

エマは、クリスとドミニクに治療をしてくれたヴィンセントへ礼を述べる。

礼はボスからも聞いたとしながらも「よくなるといいな」と微笑み返すヴィンセント。

ボスの話が出た流れで、シスロとバーバラは、“ボス”の話をしてほしいと照れながらエマとレイに頼む。

シスロは「昨日のボスは別人だった」という階下の住人の話を聞き、気になっていたと告白。

エマは「ノーマンは優しくて頭が良くて。いつもフワッとニコニコ微笑んでいて…」と語り始める。

それを聞き、「全然ちげぇ!」と笑いだすシスロとバーバラ。

その後も、ノーマンの話で盛り上がる5人。

シスロは、「自分達の“力”の使い道もノーマンが気づかせてくれた。」と語る。

シスロ、バーバラ、ヴィンセントの3人は、Λ7214で行われていた実験で“力”を得た。

たくさんの食用児が殺される地獄のような状況であり、「ボスが来なけりゃ、俺も生きてなかった」と語るシスロ。

ノーマンがシスロ達を救出してからは、ノーマンが策を立て、ザジを含めた4人で実行。

今まで潰した農園は、5人で解放してきたのだった。

「早く奴らを皆殺しにしてぇ」「ブッ殺して奴らの肉を食うとムカムカが消える」そう語るシスロとバーバラ。

話を聞き、表情が曇るエマ。

エマの表情を見て「なんで嬉しそうにしないの?」「鬼を殺したくないとか思ってるわけ?」と問い詰めるバーバラ。

エマがノーマンと話をしたいのも、鬼を殺したくない故の計画変更願いなのではないかと勘繰り、バーバラは段々と興奮。

“力”を発揮し始め、テーブルにひびが入る。

それを制止するシスロ。

「ボスは計画を早めて、今朝作戦を開始した」「戻る頃には、もはや誰にも何も止められはしない」と語るヴィンセント。

その頃、ノーマンはある鬼の集団と会っていた。

「正式にあなた方と同盟を結びに来た」「共にこの世界を破壊しましょう」

約束のネバーランド 124話の感想

ノーマンの部屋にいた3人は、Λ7214での同志だった。

それぞれ“力”があるようだが、まだ詳細は明かされていない。

それぞれがどのような力を持っているのか、気になるところ。

また、エマの想いも虚しく、ノーマンは鬼撲滅作戦を開始していた。

エマの「鬼を殺したくない」という思いを感じたバーバラは興奮。

鬼が自分達の捕食者であるこの世界で、「鬼を殺したくない」という考えを理解してもらうのは大変なことだと思われる。

また、ノーマンが同盟を結ぼうとしている相手が鬼であることが意外だった。

あの鬼達は何者なのか。

今後の展開が気になる。