ブラック・クローバー 第195話 ネタバレと感想-エルフ3人相手に互角に渡り合うユノ!-

2019年3月4日発売、週刊少年ジャンプ14号から

「ブラック・クローバー」のネタバレと感想の記事になります!

 

ブラック・クローバー 194話のあらすじ

 

前回のお話しはこちら

↓ ↓ ↓

ブラック・クローバー 第194話 ネタバレと感想-チャーミー変身!?ドワーフの血が目覚める-

 

ブラック・クローバー 195話のネタバレ

 

チャーミーの強烈な拳を喰らうリル、しかしリルはまだ倒れていません

 

「こんナものじゃ人間への憎シみはまダまダ消えナイ!!」

 

リルは絵画魔法で反撃をしますが、チャーミーも引きません、絵画魔法を食魔法で吸収し、拳を打ち続けます

 

「アスタくん先に行って!私はゴハンの大事さをこいつの体に叩き込むから」

 

先に進むようアスタに促すチャーミー

 

アスタはミモザとともに別の空間に繋がる道を進んでいきました

 

一方ノエルとファナの戦いは続いてますが、ノエルの攻撃は通じていません

 

そしていよいよファナがノエルに反撃を仕掛けようとします

 

その瞬間ファナを引き裂く刃が走ります

 

翠緑の蟷螂団長ジャックが現れました

 

彼の放った魔法がファナを切り裂いたのです

 

別の空間にたどり着いたアスタとミモザ

 

そこには金色の夜明け団のダヴィドが倒れていました

 

一体何が起こっているのかそれを確かめるためミモザは再度魔花の道標を発動します

 

その結果、一番強い魔力の下に台座らしきものがある空間が増えており、

 

そしてそこにはエルフが3人とユノがいることが判明しました

 

ユノは3人のエルフと対峙していました

 

ライア、パトリ、ロンネの3人です

 

「光創成魔法断罪の光剣」

 

「模倣光魔法断罪の光剣」

 

無数に現れる光の刃がユノに襲い掛かります

 

「マナゾーン精霊の静かなる舞踏」

 

しかしユノはそれらの攻撃を全てよけました

 

「マナゾーンスピリット・ストーム ダブル」

 

ユノが二条の魔法攻撃を放ちます

 

パトリはユノの成長速度・天賦の才に目をみはります

 

しかしユノの背後に突然ロンネが現れます

 

慌てて後退するユノ

 

しかし再度ロンネがユノの目の前に急激に現れます

 

ユノは気づきました、相手が高速移動しているのではなく自らが移動させられたのだと

 

ユノが先ほどまでいた場所には小石がありました

 

一度触れた物体の位置を強制的に入れ替える魔法のようです

 

それによりユノと小石の位置を入れ替えられたのです

 

そしてロンネの手にはユノの魔石がありました

 

「それはオレのだ返せ」

 

静かに怒るユノ

 

ロンネに近寄るライア

 

「これで今までの全てが報われるね」

 

嘘を見破れる能力を持ったライアはその言葉が嘘であると気付きました

 

「なんで今の言葉が嘘なんだ?ロンネ」

 

不審に思うライア

 

「オマエ…誰だ?」

 

不気味にほほ笑むロンネ

 

次の瞬間ライアの腹には風穴が開きました

 

「まさかこの転生は」

 

何かに気づいたライアはそのまま倒れこみます

 

ブラック・クローバー 195話の感想

 

チャーミーに倒されたと思ったリルですがまだまだしぶといです

 

そしてノエルの救援に現れたのがジャックなのは意外でした、そりゃノエルも「なんでアナタなのよ!」と言いたくなりますね

 

しかしファナは無限の再生力を持っているのですがどのように対抗するのでしょうか

 

圧倒的に強さを見せつけるユノはエルフ三人を同時に相手してもまったく余裕のようにも見えますが、エルフ側も一枚岩でないようでなにやら仲間割れをが起きているようです

 

一体エルフたちのあいだに何がおきてるのか