約束のネバーランド 第125話 ネタバレと感想-嘘吐きの同盟-

2019年3月4日発売、週刊少年ジャンプ14号から

「約束のネバーランド」のネタバレと感想の記事になります!

 

約束のネバーランド 124話のあらすじ

ノーマンの部屋にいた男性はシスロ、ヴィンセント。女性はバーバラと名乗る。

シスロとバーバラは、「俺達の方が凄い」とエマとレイにアピールを始める。

レイは適当な言葉でシスロとバーバラを褒めると、機嫌が良くなるシスロとバーバラ。

ボスの話が出た流れで、シスロとバーバラは、“ボス”の話をしてほしいと照れながらエマとレイに頼む。

ノーマンの話で盛り上がる5人。

シスロ、バーバラ、ヴィンセントの3人は、Λ7214で行われていた実験で“力”を得た。

ノーマンがシスロ達を救出してからは、ノーマンが策を立て、ザジを含めた4人で実行。

今まで潰した農園は、5人で解放してきたのだった。

「早く奴らを皆殺しにしてぇ」そう語るシスロとバーバラ。

話を聞き、表情が曇るエマ。

エマの表情を見て「鬼を殺したくないとか思ってるわけ?」と問い詰めるバーバラ。

話をしていくうちに、バーバラは段々と興奮。

それを制止するシスロ。

その頃、ノーマンはある鬼の集団と会っていた。

「正式にあなた方と同盟を結びに来た」「共にこの世界を破壊しましょう」

約束のネバーランド 125話のネタバレ

鬼の集団に会いに来たノーマンとザジ。

鬼達は、荒い息遣いでノーマンを取り囲む。

警戒するザジ。

1人の鬼が、「すまないね、君があまりにも美味しそうだから」と語る。

「皆さんの食事の不自由は、十分にお察ししています」と語るノーマン。

そこに、ギーラン卿と呼ばれる一回り大きな鬼が現れる。

ギーラン卿はノーマンのことを「W・ミネルヴァ」と呼び、「『次は君一人、部下一人で来い』とは言うたが、まさか、まことその通りに来るとはな」と、少人数で来訪したことに驚く。

「まずは信頼」と語るノーマンは、手土産として大きな袋を渡す。

袋の中には、鬼の頭部がゴロゴロと入っていた。

鬼は先日潰した量産農園の上級職員だ、と説明し、「後で皆さんで召し上がってください」と語るノーマン。

ノーマンが席に着いたところで、交渉が始まる。

「君達は、我らに何を求め、何をよこす?」と問うギーラン卿。

それに対し「欲しいのは戦力。差し出せるものは勝利。そして、復讐の成就です」「700年前、貴家を裏切り陥れ、堕としめた、王家と現五摂家全ての首の献上をお約束する」と返すノーマン。

ギーラン卿を王にしたい、と語るノーマンに「君達の望む見返りは?」と尋ねるギーラン卿。

「全食用児の解放。その上で、食用児の自治をお認め頂きたい」と要求するノーマン。

鬼達がざわつく。

ノーマンは「鬼達の食料を絶つ意図はない」として農園の設備は残し、ラートリー家を好きにしていいという条件を提示。

ギーラン卿はノーマンを今度は「J・ラートリー」と呼び、「一族を追われた報復か?」と尋ねるが、笑顔のまま何も返さないノーマン。

「情報はあるが、力がない」人間と「戦力はあるが、勝つ術がなかった」ギーラン卿達。

「我らが組めば、全てが叶います」「700年待ち望んだ復讐と勝利を、共に忌まわしきこの世界を破壊しましょう」と同盟を促すノーマン。

盟約を守れなかった場合は、「ノーマン含め人間の仲間を食らい尽くす」という条件提示を受け、ギーラン卿は同盟を結ぶことを了承。

同盟を結び、帰路につくノーマン。

ノーマンは、鬼同士戦わせて共倒れさせるつもりであり、ギーラン卿はあくまでその駒の一つでしかなかった。

そのため、自治を認めてほしいことも、農園設備を渡すことも、全て嘘。

一方で、ギーラン卿も食用児を生かす気など更々なかった。

互いに手を組むのは表面だけ。

肚の底では、互いに相手の寝首を狙っている。

「最後に笑うのは食用児だ」ノーマンは静かに笑みを浮かべる。

約束のネバーランド 125話の感想

鬼社会で追放された一族と手を組み、鬼世界を変えようとしているノーマン。

表面上はギーラン卿と手を組みはしたが、ギーラン卿もノーマンも、それぞれ本当の目的は別にある状態。

お互いの腹を探り合いながら今後も進んでいくと思うが、どう展開していくのかが気になる。

また、エマの考えや思いをこれからノーマンは聞くことになると思うが、それを受けノーマンがどういう反応を示すのかも気になる。

ノーマンが手土産に鬼の首を持参したが、鬼が鬼を食べるような描写があった。

鬼が鬼を食べることがあるのか。

鬼の生態でまだ明かされていない点があるように思える。

今後の展開が気になる。