鬼滅の刃 第148話 ネタバレと感想-死戦開幕-

2019年3月4日発売、週刊少年ジャンプ14号から

「鬼滅の刃」のネタバレと感想の記事になります!

 

鬼滅の刃 147話のあらすじ

父を亡くし、当主となった輝利哉。己の使命を果たさんとする姿に、元音柱の宇随天元と煉獄杏寿郎の父親は命を賭して守ることを誓う。

 

禰豆子は珠代の寄越した薬を使い鱗滝に看病されていたが、布団の中で苦しんでいた。

 

鱗滝は禰豆子が人間に戻れるか、と疑問に思う。

 

禰豆子が人間に戻れば、無惨が千年以上かけて探し続けた完全体の夢、太陽の克服が振り出しに戻るからだ。

 

鱗滝は最終局面を迎え、震えが止まらず心拍があがる。

 

炭治郎と禰豆子という小さな2つの歯車が嵌まり、大きな歯車が一気に動いたと感じている。

 

猗窩座と炭治郎は戦闘中。ヒノカミ神楽を駆使し戦う炭治郎は、自分の剣が通用することを確信。

 

戦いを見ていた義勇は、炭治郎の成長に驚く。

 

その実力は柱に届くといっても過言ではない、と。

 

「この少年は弱くない 侮辱するな」、そういった杏寿郎の言葉を認め、敬意を表す猗窩座。

 

そして猗窩座は「術式展開」の構えをとり、宴の時間を始める。

 

鬼滅の刃 148話のネタバレ

死戦が開幕される。

 

義勇は水の呼吸 参の型 流流舞いを繰りだす。

 

猗窩座は水柱の遭遇したのは五十年振りだと喜ぶ。

 

破壊殺・乱式を放ち幾重もの衝撃を放つ猗窩座。

 

義勇が水の呼吸 拾壱ノ型 凪で受け流す。

 

以前殺した水柱は使わなかった、見たことがない技だと猗窩座は喜ぶもそこに炭治郎がヒノカミ神楽 烈日 紅鏡で襲いかかる。

 

技を繰り出した瞬間、猗窩座が消え技は空振り。その刹那の間に猗窩座は炭治郎の後ろに回り込み、首に向かって手刀を繰り出す。

 

後ろだと気付いた炭治郎、ヒノカミ神楽を使ってギリギリ躱す・・・、というところで義勇が水の呼吸 弐の型 水車で割って入り、猗窩座の腕を斬る。

 

しかし斬った腕は即座に再生。義勇と猗窩座の激しい斬り合いが展開。

 

そこに炭治郎がヒノカミ神楽で猗窩座の足首を狙いに行くが、これを破壊殺で反撃。炭治郎を蹴り上げる。

 

蹴りを刀で受けることができた炭治郎だが、衝撃は受け鼻血を出し膝をつく。

 

僅かにかすっただけでも強力なダメージを負う威力。

 

流麗、練り上げられた剣技が素晴らしいと褒め、「名を名乗れ お前の名は何だ‼︎ 覚えておきたい‼︎」と義勇に言う猗窩座。

 

それに対し鬼に名乗るような名は持ち合わせていない、喋るのが嫌いだから話しかけるなとはねのける。

 

喋るのが好きだ、何度でも名を聞くと言いながら破壊殺 脚式 流閃群光で攻撃をする猗窩座の蹴りを受け壁に穴を開けながら、吹っ飛ぶ義勇。

 

思わず義勇の名を呼ぶ炭治郎。

 

「アイツは義勇という名前なのか」と猗窩座は即座に炭治郎に近づく。

 

焦る炭治郎はすかさずヒノカミ神楽を、猗窩座は破壊殺を繰り出し激しくぶつかる。

 

何とか受け耐える炭治郎。短期間でここまで鍛錬したことを猗窩座は褒める。

 

あの夜地面に転がって圧倒的弱者 雑草でしかなかったお前が目を見張る成長だ、と。

 

純粋に嬉しいと心躍らせる猗窩座は続けて炭治郎に向かって喋る。

 

「杏寿郎はあの夜死んで良かった」

 

「あれ以上は強くなれなかったかもしれない 人間のままでいたがるようなくだらぬ価値観を持っていたし」

 

炭治郎は杏寿郎の笑顔を思い出す。

 

そして猗窩座に向け強い怒りを向け、煉獄のことを喋るな、と睨みつける。

 

賞賛をしているのに何故怒りをあらわにしているのかわからない猗窩座。

 

それに対し、「お前は侮辱しているだけだ」と返す炭治郎。

 

猗窩座は「俺が嫌いなのは弱者のみ 、弱者には虫酸が走る 反吐が出る」と淘汰されるのは自然の摂理だと語るが炭治郎は全否定。

 

生まれた赤子は誰かに助けてもらわないと生きられない、お前もそうだ、と。

 

強い者は弱い者を助け守る 弱い者は強くなり また自分より弱い者を助け守る。

 

これが自然の摂理だと炭治郎は強く言い放つ。

 

お前の考え方を許さないと息巻く炭治郎、それを聞いていた猗窩座の拳が反応する。

 

鬼滅の刃 148話の感想

楽しんで戦っているあかざの強さに圧倒される。

 

しかし、すごい成長速度を見せ戦う炭治郎だが、紙一重の場面が多くかなりハラハラさせられる。

 

弱い者を軽く見ている猗窩座に対して、強い怒りを見せる炭治郎が頼もしく見える。

 

炭治郎の強さの原動力はこの「思い」だろう。

 

いよいよ目の話せないない展開になってきた。