不滅のあなたへ 第94話 ネタバレと感想-マーチが目覚める?-

マガジン ネタバレ 感想

2019年3月6日発売、週刊少年マガジン14号から

「不滅のあなたへ」のネタバレと感想の記事になります!

 

不滅のあなたへ 93話のあらすじ

『不滅のあなたへ』は、大今良時先生が執筆している週刊少年マガジン連載の漫画で、2016年から連載が続いている人気作品です。

謎の傍観者が地上に投入した「それ」が、様々な人間と出会い経験を重ねていくことで社会的に成長をしていく様子と、「それ」とかかわる人々の精いっぱい生きる姿や時には醜い姿を誠実に描いて物語が進んでいく、スケールの大きな作品になっています。

前回の第93話「船の行く末」です。ボンは城の一室にフシを呼び出します。ボンはフシをだまして眠らせます。

カイとハイロ、メサールが揃った時点でボンは「ミスターブラック」という存在に呼びかけます。突然黒い布を羽織った人物が現れます。

一方ポコアはカハクの左手のノッカーに出ていくよう進言すると、カハクの左手が勝手に地面に文字を書きだします。痛みをもたらす身体という存在をノッカーは許せないとのこと。

ボンは、ミスターブラックにノッカーの行動を止める方法を聞くが、確かめるには死んでみないとわからないとのこと。

そこにメサールが剣でミスターブラックに襲い掛かります。不思議な力で飛ばされるメサール。

ミスターブラックは姿を消します。「この茶番じみた船に乗るかどうか決めるなら今だ」と面々に促すボン。この戦いの意味はどこにあるのか?

 

不滅のあなたへ 94話のネタバレ

第94話は「再生の朝」です。

ポコアが民衆に向かって演説をしています。ノッカーとの対決に向けてエールを送っています。

その後、ポコアらはウラリスへの帰路につきます。

フシはボンたちに、一緒に帰ることを提案します。今更何を言っているのかと問われると、フシはみんなを死なせずにいられる自信がない、みんなが死ぬのが怖いと言います。

そんなフシに対し、みんなは帰らない決意をしていることを告げる。生き直すためにここにいると。フシはほっとした様子を見せます。

いよいよ対決が翌日に迫った夜。最後の打ち合わせをします。

フシを呼ぶ合図として、同じ場所を3回叩くことにする。また、フシの身体をいくつか街に置いておき意識をすぐに移せるようにするとフシは提案。

対決の日の朝。エコはフシを呼び止め、時が来たことを知らせます。

西の城門に巨大な物体が衝突し、城壁が崩れます。そこに置いていたフシの身体の一部、マーチは城壁から落ちてしまいます。

その時、マーチの目が開きます。死んだはずのマーチがなぜ目を覚ましたのか?

 

不滅のあなたへ 94話の感想

フシの、仲間たちを想う気持ち、正確には仲間が死ぬところを見るのが怖いという気持ちがよく表れている話でした。

いよいよ次号からノッカーとの対決シーンが展開していくことになりそうです。

フシが納得のいく形で、悲しみにとらわれることなく戦いが終わることを希望しますが、難しいでしょうか。

最後にマーチが目を開きましたが、この後どんな展開を見せるのか、以前のような天真爛漫なマーチなのか、それとも?

次回も目が離せません。