チェンソーマン 第13話 ネタバレと感想-銃の悪魔とは?そして明かされる早川アキの過去-

2019年3月11日発売、週刊少年ジャンプ15号から

「チェンソーマン」のネタバレと感想の記事になります!

 

チェンソーマン 12話のあらすじ

 

前回のお話しはこちら

↓ ↓ ↓

チェンソーマン 第12話 ネタバレと感想-デンジ、パワーの胸を揉む!しかし満足できなかった様子-

 

チェンソーマン 13話のネタバレ

 

「デンジくんが銃の悪魔殺せたらマキマさんが俺の願い事何でもひとつ叶えてあげる…?」

 

マキマから言われた言葉をデンジは反芻するように繰り返します

 

「何でもって…例えば…セッ」

 

「なんでもだよデンジ君」

 

デンジの問いに食い気味に答えるマキマ

 

「んなコトあってもいいんですか!?」

 

「んな事あってもいいくらい強くて悪い悪魔なの」

 

マキマは銃の悪魔について語り始めます

 

13年前悪魔対策に世界中が銃で儲けようとしてた頃

 

その時期に銃を使った事件や内戦、暴動が増え、そしてアメリカで銃を使った大きなテロが起こったその日、

 

銃の悪魔は現れた

 

高層ビルから煙が立ち込める映像がテレビから流れるとある家庭

 

病弱な少年はベッドに横たわり父と母に囲まれてました

 

その部屋に現れた兄は父にキャッチボールをして欲しいと言います

 

「タイヨウの具合が良くないんだ、一人でできる遊びをしなさい」

 

両親がタイヨウと呼ばれた弟ばかり気にかけてることに兄は快く思ってない様子です

 

「ボク、お兄ちゃんと遊びたい」

 

タイヨウはそう言い、庭で兄と雪遊びを始める事になりました

 

雪玉を投げあう兄とタイヨウ

 

兄も楽しくなってきた様子で、キャッチボールをするのでタイヨウに家からグローブを持ってくるよう言いつけます

 

喜んだ様子で家に入っていくタイヨウ

 

その瞬間、両親とタイヨウのいる家は崩壊しました

 

11月18日午前10時、「銃の悪魔」日本に26秒上陸、5万7912人死亡

 

銃の悪魔が上陸したのは日本だけではありません

 

アメリカ、カナダ、ハワイ、中国、ソ連、メキシコ、インドと、世界各国に銃の悪魔はほんの数秒だけ上陸し何万もの死者を出してます

 

だいたい5分で120万人弱を殺した後、銃の悪魔は今日まで姿を消しているとマキマは語り終えました

 

その後悪魔への恐怖心が高まり、全ての悪魔が強力となり、すべての国が銃所持の基本厳罰化と報道規制が行われるようになりました

 

「デンジ君なら倒せると思う?」

 

マキマは問いかけます

 

「まあ俺がすっげえドカンと頑張れば大丈Vでしょう!」

 

V サインで応えるデンジ

 

マキマはまず銃の悪魔を見つけるように命じます

 

どうやって見つけるのかという疑問を呈すテンジ

 

マキマは、銃弾のような形をした塊をみせます

 

それは銃の悪魔の肉片です、超高速で移動した際に焦げ落ちた肉片だと推測されます

 

個の肉片を食べると悪魔は力を増すとのこと

 

また、肉片同士はくっつけ合う性質があるのでこの肉片を集めれば銃の悪魔に辿り着けるとの事

 

場所は変わり、海辺で早川と姫野は魚の形をした悪魔を駆除しており、その悪魔の肢体から銃の悪魔の肉片を取り出してました

 

「やっぱり銃野郎の肉片食べてたか、雑魚にしちゃあ強かったからな」

 

「食べたのか、食べさせたのか」

 

疑問符を浮かべる姫野に早川は静かに答えます

 

「どっちでもやる事は同じです、悪魔は全部殺す、その先にヤツがいる」

 

そう語る早川、弟のタイヨウと両親が殺された日を思い返してるようでした

 

そしてある日の公安に悪魔駆除の要請が入ります

 

先に駆除に当たった民間のデビルハンター複数人は死亡してるようです

 

銃の悪魔の肉片に動きがあるため、肉片を食べた悪魔と推測されます

 

「公安対魔特異4課6人を出動させます」

 

デンジ、パワー、早川、姫野、そして新人2名が出動します

 

チェンソーマン 13話の感想

 

前回よりその存在が明らかにされた銃の悪魔について語られます

 

ラスボスらしき存在にふさわしく規模がこれまでの悪魔をはるかに凌駕する強さです

 

そして今回は早川のバックボーンが語られました

 

父、母、弟の仇を討つため公安のデビルハンターになったようです

 

デンジは気楽に倒してみせると豪語するのですが強さの世界観が別世界なのでどう対抗していくのでしょうか

 

おそらく銃の悪魔の肉片でデンジ自身がパワーアップしていくのかなと予想しますが果たしてどうなるのでしょうか