ブラック・クローバー 第196話 ネタバレと感想-エルフを滅ぼした諸悪の権化!悪魔の復活!-

2019年3月11日発売、週刊少年ジャンプ15号から

「ブラック・クローバー」のネタバレと感想の記事になります!

 

ブラック・クローバー 195話のあらすじ

 

前回のお話しはこちら

↓ ↓ ↓

ブラック・クローバー 第195話 ネタバレと感想-エルフ3人相手に互角に渡り合うユノ!-

 

ブラック・クローバー 196話のネタバレ

 

ライアは思い返しています

 

「アイツが裏切ったからウチらエルフは人間に滅ぼされた」

 

嘘を見抜けるライアには分かっていました

 

あいつは裏切ってはいなかったということを

 

しかしそれを皆に教えなかったのは人間への復讐の情念を削いでしまいたくなかったからです

 

そしてリヒトにもう一度会いたかった、何をどれだけ偽っても

 

どてっ腹に風穴を開けられたライアは倒れこみます

 

「とんだ大嘘つきがいやがった…!」

 

「いつからロンネの…ウチらの中に混ざってた…?」

 

ライアに駆け寄るパトリ

 

「どういうことですか?ロンネさん!」

 

ロンネは不気味な笑みを浮かべたまま静かに語ります

 

「五つ葉には悪魔が棲む…」

 

「思い出される、四つ葉の魔導書に選ばれた魔導士達の絆を利用し、絶望の魔導書を生み出したあの日…」

 

ロンネは祭壇に下り立ち、ユノから奪った魔石を祭壇にはめ込みます

 

「あの世とこの世の境であるこの影の王宮で、冥府から望みのモノを引き出す魔石の魔法…」

 

魔石が嵌められた祭壇から黒い塊が生み出されます

 

ロンネの体からも黒いもやのようなものが出ていき、祭壇の黒い塊と一つになります

 

そして黒い塊は人に似た形になりました

 

パトリはその魔力に覚えがあるようです

 

「悪魔・・・!」

 

祭壇に現れた悪魔の魔力にユノは恐れおののきます

 

悪魔は語ります

 

「四つ葉の魔導書に選ばれたエルフ…あの日のリヒトと同じように絶望の底を味わってもらいます」

 

「どういうことだ」と質問するパトリ

 

「あの日人間を誑かしてエルフを滅ぼさせたのは私なんです」

 

悪魔は邪悪な笑みを浮かべてます

 

「アナタ達みーんな愚かですね…!」

 

「フザケるなぁぁ!!」

 

パトリの怒りが爆発し、光の剣が放たれます

 

「戻りなさい」

 

その悪魔の一言で無数に放たれたの光は向きを変えパトリに向かっていきます

 

「マナゾーン精霊の静かな舞踏」

 

ユノに抱えられ光の剣から間一髪逃れました

 

「その体バンジャンス団長のだろ…勝手にやられるのは許さねー」

 

そしてユノは攻撃魔法を放ちます

 

「マナゾーンスピリット・ストーム」

 

悪魔の背後から放たれた魔法、しかしそれは届きません

 

「真空の壁」

 

悪魔のその一言で現れた壁に阻まれます

 

「私の言霊魔法の前では全て無意味です」

 

ユノは悟りました、この悪魔には勝てないと

 

自分一人だけでは…

 

そして通路からアスタがミモザとともに現れました

 

「おせーよアスタ…!」

 

ブラック・クローバー 196話の感想

 

明かされる衝撃の真実、エルフたちを絶滅させた諸悪の権化は悪魔であった

 

すべては悪魔の策略によるもの、そして影の王宮で封印されていたようだった悪魔は圧倒的な魔力を見せます

 

言葉一つであらゆる事象を操る悪魔

 

果たしてアスタの剣は悪魔の言霊魔法に通じるのでしょうか