鬼滅の刃 第149話 ネタバレと感想-激しい嫌悪感-

2019年3月11日発売、週刊少年ジャンプ15号から

「鬼滅の刃」のネタバレと感想の記事になります!

 

鬼滅の刃 148話のあらすじ

 

義勇と炭治郎、猗窩座の激しい戦いが続く。

 

素晴らしい剣技を繰り出す義勇の名前を知りたがる猗窩座。

 

義勇は鬼に名乗るような名は持ち合わせていないと拒否するも何度でも聞きたがる。

 

猗窩座の破壊殺による強力な一撃を受け、吹っ飛ぶ義勇に向かい思わず炭治郎は義勇の名を呼ぶ。

 

義勇の名を知った猗窩座、炭治郎に詰め寄る。

 

焦る炭治郎はすかさずヒノカミ神楽を、猗窩座は破壊殺を繰り出し激しくぶつかる。

 

何とか受け耐える炭治郎。短期間でここまで鍛錬したことを猗窩座は褒める。

 

「杏寿郎はあの夜死んで良かった」そう言い放つ猗窩座対し、「お前は侮辱しているだけだ」と返す炭治郎。

 

猗窩座は「俺が嫌いなのは弱者のみ 、弱者には虫酸が走る 反吐が出る」と淘汰されるのは自然の摂理だと語るが炭治郎は全否定。

 

生まれた赤子は誰かに助けてもらわないと生きられない、お前もそうだ、と。

 

強い者は弱い者を助け守る 弱い者は強くなり また自分より弱い者を助け守る。

 

これが自然の摂理だと炭治郎は強く言い放つ。

 

お前の考え方を許さないと息巻く炭治郎、それを聞いていた猗窩座の拳が反応する。

鬼滅の刃 149話のネタバレ

炭治郎と対峙する猗窩座。 

 

猗窩座は炭治郎に対して理解した。コイツを生理的に受け付けないのだ、と。  

 

金属に爪を立てるような神経に障る嫌悪感。不協和音に吐き気がする。 

 

猗窩座は勘違いしていた。いつも通り弱者だから炭治郎が不快なのだと思っていた。 

 

しかし、炭治郎は強くなっても尚不快感が消えない。 

 

炭治郎の全てが猗窩座の臓腑を内側から鑢で削りつけてくるようで受け入れられない。 

 

・・・ここで猗窩座の肩に手を置き、語りかける者が。 

 

その人物は猗窩座に言う。何をするにも初めは皆赤ん坊だ、周りから手助けされて覚えていくものだ、と。 

 

他人と背比べをしているんじゃない、戦う相手はいつも自分自身だ。需要なのは昨日の自分より強くなることだ。 

 

 それを十年、二十年と続けていければ立派なものさ。そして今度はお前が人を手助けしてやるんだ。 

 

と、ここで肩の手を振りほどこうと勢いよく腕を上げ幻影を払う猗窩座 

 

急に何もない所を振り払った猗窩座に驚く炭治郎。 

 

振り払った腕を上げたまま猗窩座は炭治郎を見て言う、「炭治郎やはりお前は不快だ 

 

言うや否や、猗窩座破壊殺 砕式 万葉閃柳」を繰り出し強力な一撃を放つ。 

 

これをすんでのところで躱す炭治郎、床に走る衝撃。 

 

速い・・・‼︎ 途轍もなく・・・‼︎ 

 

速いというよりもこの感じは正確さ、これは・・・ 

 

そう考えていた瞬間、炭治郎の目の前に現れた猗窩座。 

 

気づいた時には下からの一撃。破壊殺・脚式 飛遊星千輪大きな蹴り技をくらう。 

 

かろうじて防御した炭治郎だが、激しい衝撃を受け、血とともに咳き込む。 

 

間髪入れずに猗窩座が次の一撃。避ける炭治郎。 

 

何とか動作予知して攻撃を受けきれても、威力が過ぎすぎて負傷をゼロにできない! 

 

猗窩座の正確無比な技が羅針盤のように確実に隙を刺してくる。 

 

人体の急所に向かってくる攻撃は磁石に吸い寄せられているみたいだ。 

 

応戦の最中、炭治郎は疑問に思う。 

 

なぜだ? 

何だろう 何に反応して吸い寄せられるんだ? 

 

炭治郎は自分に課す。思い出せ、考えろ、と。 

 

今までの猗窩座の言動を推理すれば何かあるはず。 

 

必死に思い出す最中も猗窩座の容赦ない攻撃は続く。 

 

紙一重で避けながら、ヒノカミ神楽 飛輪陽炎で攻撃する炭治郎。 

 

火をまとった刀身が猗窩座へ。余裕を持ち躱すが、ゆらりと揺らめく切っ先。 

 

避けたはずの刃が、あわ届く・・・!というところで猗窩座は大きく後ろへ飛ぶ。 

 

ビチッ と猗窩座のが裂け、血がほとばしる。 

 

「面白い技だ」と笑う猗窩座。確実に避けた刀身が伸びたように見える。 

 

どういう振り方をしたのか、刃の切っ先が陽炎の如く揺らぎ、興味深い。 

 

傷をものともせず炭治郎に攻撃する猗窩座。激しい応戦は続く。 

 

 

その頃、煉獄杏寿郎の弟の千寿郎は仏壇の前で必死に願っていた。 

 

大きな戦いが始まった、父上もお館様の元へ行ってしまった、どうか父上と炭治郎を守ってくださいと兄に願う。 

 

千寿郎は炭治郎に手紙を書いていた。手紙が届いているかと心配する。 

 

瑣末なことだが、炎柱の書に示されていたことが何かの役に立つかもしれない。 

 

当時の炎柱と始まりの呼吸である日の呼吸の剣士との会話 

 

剣士が無惨と対峙した時の話を手紙に書いた。千寿郎の祖先の炎柱はその話を聞き自信をなくしたが、炭治郎なら負けず、未来への道を拓いてくれる、と希望を託したのだ。 

 

しかし、猗窩座と戦い続けている炭治郎にまだ千寿郎の手紙は届いていなかった。 

 

受け取る前に戦いが始まったため、猗窩座に勝たなければ読めない。 

 

必死に戦う炭治郎がヒノカミ神楽で猗窩座を狙う。 

 

しかし!猗窩座は日輪刀を白刃取りして止めた。 

 

折られる‼︎と焦る炭治郎。 

 

とっさに強力な頭突きをかます。 

 

猗窩座は血を流しながら、いい頭突きだと褒めながらも刀に力を込める。 

 

離せと焦る炭治郎、次は猗窩座の顔面を蹴り上げる。 

 

ボギャッ という鈍い音を響かせクリーンヒットさせるも、猗窩座は刀を離さない。さらに力を込める! 

 

その瞬間、猗窩座の左手首切り落とされる。 

 

義勇だ。前回あかざに吹っ飛ばされた義勇が戻り、斬りつけたのだ。 

 

義勇は頭にきていた。猛烈に背中が痛いからだ。よくも遠くまで飛ばしてくれたな、と上弦の参、猗窩座に向かって静かに怒りを滾らせる。 

 

鬼滅の刃 149話の感想

ちらりと出てきた、猗窩座の過去と思われる場面。猗窩座にとって重要な、影響を受けたと思われる人物も気になるところ。

 

この人物が炭治郎と重なるのでしょう。

 

千寿郎の手紙の中身も気になります。

 

どんなに攻撃しても効いているように見えない猗窩座の強さにも脱帽するが、帰還した義勇の静かなる怒り!

 

ますます盛り上がってきたこの戦い、次回は義勇の活躍に期待大!