アクタージュ 第56話 ネタバレと感想-隣の席の君-

2019年3月11日発売、週刊少年ジャンプ15号から

「アクタージュ」のネタバレと感想の記事になります!

 

アクタージュ 55話のあらすじ

「お前に芝居はさせらんねぇ」と、黒山は景に来たオファーを全て断っていた。

芝居を続ける条件として黒山が提示したのは、「学校で、役者じゃねえ“普通の友達”を作ってくること」。

景はクラスメートに一生懸命話しかけるが、「普通」が分からない景は距離感が掴めず。

逆に相手から距離を置かれてしまう。

「普通」が分からず困惑している景に、クラスメートの吉岡が話しかけてくる。

映画好きの吉岡は、映像研究部に所属していた。

友達作りのマニュアルに「共通の趣味を探せ」という文言があったのを思い出す景。

友達を作るために、映像研究部に入部する。

 

 

アクタージュ 56話のネタバレ

スタジオ大黒天。

景は、雪から撮影機材一式を借りていた。

カメラ操作の説明を受け、大きな荷物を抱えて通学しようとする。

「映画でも撮るつもりかよ」と茶化す黒山に「そ、そそそんな訳ないでしょ!」と返す景。

「映画部の皆で一緒に映画を撮って、お芝居も友達も出来て一石二鳥とか思ってもないから!」と否定するはずが全部暴露してしまう。

芝居することを心配する雪だが、黒山は「ま、それもありか」と語る。

映画部で作成する映画は『隣の席の君』。

“君”は一人で登校して、一人でお昼を食べ、一人で帰っていく。

“君”が、誰かと仲良くしているところを見たことがない。

なのに、“君”は堂々としていて、“僕”は気づくといつも目で追いかけている―

そんな“君”の1日を“僕”目線で描いた全4シーン10分の短編映画。

吉岡は夜凪の持ってきた撮影機材で撮影し始めるが、上手くいかない。

スタッフが吉岡しかおらず、圧倒的に人数が足りないのだった。

ひなや遼馬は幽霊部員であり、部の存続のため、名前だけ借りている状態。

景は、プロの力を借りようと考える。

吉岡は「ほっとしたよ。これで夜凪さんに恥じをかかせないで済む」と語る。

「この脚本、夜凪さんを当て書きしたんだ」「勇気を出して、声かけて良かった。せっかく君と映画が撮れるんだから良いものにしたいよ」

その言葉を聞き、景はプロの力を借りることを止める。

吉岡は景に恥をかかせないためにも、プロのスタッフも呼びたいと話すが、景は「そんな取り方をして作品が完成しても、私、きっとその時あなたと喜べない」と返す。

「私はただ、あなたと映画が撮りたいだけ」と話し、持ってきた撮影機材を没収する。

カメラは吉岡の持っているカメラで構わない、音はあとから入れればいい。

「私の知ってる演出家たちは皆、したいことをするために一生懸命だった」「吉岡君もしたいように、撮りたいように私を撮って」

放課後の教室―

吉岡のカメラで、映画の撮影が始まる。

他の学生に混じり、撮影の様子を見ていたひな。

2人を見て、理由もわからずイライラしていた。

「…私、フツーに性格悪いのかな」

ひながそう感じながら見ているとは知らず、吉岡と景は撮影を行う。

「2人で必ず完成させましょう!」「おっ、おー!」

 

アクタージュ 56話の感想

吉岡と景の映画撮影が始まった。

初めはプロの力を借りようとしていた景だが、吉岡の想いを聞き、吉岡と2人で映画を完成させようと考えが変化する。

ひなと遼馬2人の協力が得られない中、2人でどのような映画が作れるのか気になるところ。

撮影の様子を見ていたひなは、2人にあまり良い感情を抱いていない様子。

このひなの感情が今後どのような行動に結びついていくのか、どんな展開となっていくのか、無事に映画は完成するのか、気になる点が多い。

次回の話も楽しみ。