約束のネバーランド 第127話 ネタバレと感想-対立-

2019年3月18日発売、週刊少年ジャンプ16号から

「約束のネバーランド」のネタバレと感想の記事になります!

 

約束のネバーランド 126話のあらすじ

 

ケガから順調な回復を見せるドミニク

一方で、身体的異常はないものの、クリスは未だ目覚めない。

医務室では、エマとレイがクリスの傍にいた。

ノーマンと早く話がしたい2人だったが、ノーマンは数日帰ってきていない。

バーバラが見せた鬼への憎しみ。

「敵はみんな同じ」という言葉にエマは引っかかっていたが、バーバラ達が受けた苦しみは紛れもないもの。

“憎むな”などと軽々しく言えない。

考えていたその時、ノーマンがアジトへ帰ってくる。

帰ってきて早々、3人での話し合いの場を設ける。

エマは人間を食べずとも退化しない鬼がいることについて、話を切り出す。

表情が一変するノーマン。

エマとレイは、ソンジュとムジカについて説明する。

「まさか…信じられない…“邪血の少女”の一族は、まだ生きていたのか」ノーマンは狼狽する。

 

約束のネバーランド 127話のネタバレ

 

700年前、まだ農園のシステムが確立する前の事—

とある村の鬼達は、飢えに苦しんでいた。

そんな飢餓状態の村に、突然少女の鬼が現れ、村民に手を差し伸べる。

「大丈夫、もう大丈夫よ」

現在―

「“邪血の少女”?」初めて聞く単語を、聞き返すエマ。

ノーマンは“邪血の少女”について説明を始める。

その鬼は、生まれて一度も人間を食べたことがない。

人を食べなくても、人型の形質と知脳を保てる超特異個体。

生年不明・出身不明であり、初めて存在が確認されたのが700年前。

ただひと口、彼女の血を飲むだけで、飲んだ鬼は彼女と同じ体質を手に入れることが出来た。

そして、彼女の血を貰った鬼もまた、同じ体質を作り出すことが出来た。

飢餓の村では彼女の力を皆で分け合い、全滅を免れた。

やがてその噂は王や貴族の耳に入る。

王家・五摂家は彼女ら全員を捕え、その血を持つ全員を食い殺した。

記録では、その時に彼女も食べられ死んだと記載されていた。

しかし、実際は逃げ延びて生きていた。

そして今なお、王家・五摂家・ラートリー家に追われている。

「王家と5つの貴族も、ムジカ達同様“例外”ってわけなんだな」レイが言葉を発する。

「その通り」ノーマンは返す。

ギーランもそれを理解しており、その意味でも王家と五摂家を殺して食べたがっている。

王家・五摂家が作戦の“例外”ではあるが、数が限られていることから、食料を絶つのではなく、直接始末する。

「ゆえに、この件でレイが懸念した策の崩れはないよ」

ノーマンが語る。

「ねぇ待って!なんで王家や貴族達は、ムジカの仲間を食べちゃったの!?」エマが割って入る。

その血を上手く使っていれば、人を食べる必要だってなくなる。

なぜそのような手段に出たのか、エマは理解出来ないでいた。

「農園により人間の供給を握れている今、意図的に肉のコントロールをすることで、意図的な格差をつくれる。より社会を好きに支配出来る。」

「そんな王達にとって、農園を必要をしなくなるムジカ達の力は邪魔でしかない。だから捕えて殺して独占した」

レイが解説し、ノーマンは黙って頷く。

驚くエマに、「みんながみんな、エマみたいに優しい気持ちで考えるわけじゃないんだよ」と語るノーマン。

ノーマンは、退化した鬼を人型に戻す能力を持っている、ソンジュとムジカの行動を警戒。

「探し出して殺さないと」と語るノーマンに、エマは慌てて反対する。

「でも、彼らも鬼なんだよ?僕らが鬼を滅ぼすのを、黙って見ていると思う?」と問うノーマン。

ムジカの血、王や貴族の血ででも、鬼達を人を食べなくてもいい体に出来る。

「だったら、もう争わなくていい、争う必要なんてない」とエマ。

しかしノーマンは「ダメなんだよ、エマ。必要がなくても、食べたければ襲ってくる」と返す。

「大好きなごはんに、食べるなと言われて我慢できる?弟妹達に、同じ我慢を強いられる?全ての鬼が、食料である僕らに情けをかけて食欲を抑えられると思う?」

立て続けに問うた後、ノーマンは断言する。

「鬼を絶滅させなければ、家族で笑える未来はない」

 

約束のネバーランド 127話の感想

 

やっとノーマンと話が出来たが、恩人であるムジカはノーマンの作戦にとって危険因子と判断されてしまった。

ムジカ達を殺そうとするノーマンに反対するエマ。

エマは鬼を絶滅させたくない気持ちを伝えるが、ノーマンは理路整然とそれに反論。

エマの想いは届かなかった。

このままでは、ノーマンはムジカ達を殺しに行きそうな雰囲気。

エマがどうそれを防いでいくのか、また、エマの想いは伝わらずに進んでいくのか、今後の展開が気になる。