チェンソーマン 第14話 ネタバレと感想-魔性の女?姫野先輩のベロキッスご褒美-

2019年3月18日発売、週刊少年ジャンプ16号から

「チェンソーマン」のネタバレと感想の記事になります!

 

チェンソーマン 13話のあらすじ

 

前回のお話しはこちら

↓ ↓ ↓

チェンソーマン 第13話 ネタバレと感想-銃の悪魔とは?そして明かされる早川アキの過去-

 

チェンソーマン 14話のネタバレ

 

このホテル内のどこかに悪魔が潜んでる

 

それもただの悪魔ではない、銃の悪魔の肉片を食べた悪魔がいる

 

早川はデンジとパワーにそう説明します

 

デンジとパワーは意見しますが、早川は「お前ら敬語はどうした?」言うのでした

 

「何の得もねえのにだ~れがテメエに敬語を使うかよオ!」

 

「人間は愚かで傲慢じゃ」

 

なめた態度をとるデンジとパワーでしたが早川がガムを見せつけると「早川先輩」と、先輩を付けて呼び始めるのでした

 

ご褒美にガムをもらうデンジとパワー

 

「早川先輩これから一緒に悪魔と戦う仲間としてそいつらに背中任せて大丈夫なんですか」

 

もう一組の新人の男の方が、デンジとパワーは信用できないと言いました

 

早川はこいつらに背中は任せないと答えます

 

「悪魔駆除には基本この二人を先行させる、この二人が逃げたり悪魔に寝返った場合は俺たちが殺す」

 

どうやらデンジとパワーは斥候に使われるようです

 

「畜生みたいな扱いじゃな」

 

「お前らに人権はない」

 

早川がめっちゃキレてるけど今朝のイタズラが原因ではないかとデンジとパワーは話し合ってますが

 

「あれは!いたずらにレベルじゃねえ!殺すぞ!」と早川はキレました

 

何やら朝何かあったようです

 

厳しくしてばかりじゃかわいそうだと姫野は仲裁に入ります

 

そして姫野は一肌脱いでやろうと宣言し

 

「今回の悪魔倒した人にはなんと!私がほっぺにキスしてあげま~す」

 

と言いました

 

動揺する新人「そんなことはやめてください」と必死です

 

デンジも心を惹かれますが、前回マキマの胸を揉んだ時のことを思いだします

 

「キスは俺もいいや…大丈夫…やる気はあっから」

 

と言い、

 

「俺ぁ初めてチューは誰にするか決めてんだ」

 

と言い、その人のために銃の悪魔を殺すまではキスはしないと言いました

 

「ほぉ~アキ君の前でそれ言うか!」

 

姫野は早川の過去を知ってるようです

 

さらにデンジはエッチな事は理解し会った人間同士でするから気持ちいいと教わったので、姫野の唇には興味がないと言います

 

姫野は「じゃあデンジくんが悪魔倒したらベロ入れたキッスしてあげる」と耳打ちするのでした

 

悪魔のような笑みを浮かべるデンジは浮かれ切った表情とホテル内を先頭切って疾走するのでした

 

新人も並走してます

 

「男の子から買うのが一番おもしれーや」

 

悪戯っぽい表情で笑う姫野

 

体を張ってデンジを止める新人

 

「俺は半年間姫野先輩に鍛えられ世話になった!それをどこぞのチンピラに唇を奪われるくらいならホッペのキスは俺が貰う」

 

姫野は自らが教育している新人について

 

「荒井君は実力不足だけどやる気は十分って感じ」

 

「逆にコベニちゃんは引っ込み思案だけどかなり動けるかな」

 

と評しました

 

早川は

 

「血の魔人は強いですが短期でまだ裏切る可能性があります」

 

「デンジはまだ知らない要素が多すぎてわかりません」

 

と評しました

 

この新人4人生き残れるかという質問に対し早川は

 

「コイツは強いなと思ったヤツもそうでないヤツも1年もあれば死ぬか民間に行きます」

 

と答えるのでした

 

「アキくんは死なないでね」

 

姫野がそう言います

 

早川が姫野と初めて会った時との事

 

早川が新たなバディだと紹介された姫野は

 

「私のバディ キミで六人目、全員死んでるの、使えない雑魚だから全員死んだ」

 

と言い

 

「アキ君は死なないでね」

 

初めて会った時、姫野は早川にそう言いました

 

歩みを止める一同

 

何かが現れるのを感じたようです

 

前方の部屋から現れたのは中年男性の生首に片手と片足が生えたような一頭身の異形でした

 

チェンソーマン 14話の感想

 

前回に引き続き、今回も早川先輩編のようで、今週は早川先輩のバディの姫野先輩、

 

この二人の関係性について掘り下げていってます

 

これまでバディが五人死んでる姫野先輩、そして新人たちは1年で公安を離れていってる状況を見るに、公安は相当ブラック組織な様相です

 

そして姫野先輩が教育している新人2名についても少し紹介されたました

 

やる気はある荒井と引っ込み思案のコベニ、この二人はどのような悪魔と契約しているのか

 

登場人物も増え賑やかしくなってきましたね