ネオレイション(e0;lation) 第13話 ネタバレと感想-ジェヴォーダンの獣の正体について語られる-

2019年3月18日発売、週刊少年ジャンプ16号から

「ネオレイション(e0;lation) 」のネタバレと感想の記事になります!

 

ネオレイション(e0;lation) 12話のあらすじ

 

前回のお話しはこちら

↓ ↓ ↓

ネオレイション(e0;lation) 第12話 ネタバレと感想-決着!ター坊が走り屋の意地を見せる!-

 

ネオレイション(e0;lation) 13話のネタバレ

 

バトルは決着がつきました、ター坊とネオの勝利です

 

敗れたブギーは「賭けレースは今日で終いや」と宣言しますが、賭けレースを楽しんでいたギャラリーからは怒りの声が上がります

 

その時ブギーの用心棒の一人が、ブギーによる賭けレースは終了だが、今度は自分の仕切りで賭けレースを明日から再開すると宣言しました

 

薬袋は卑怯なやり方に怒りを覚えます

 

用心棒はブギーに握手を求め右手を差し伸べます

 

しかしその手を握ったブギーは用心棒の右手をそのまま砕いてしまいます

「俺は勝つための手段は選ばん、それが全力で勝負するっちゅうことや、それをなかったことにするいうんは、人間と人間の本気なめとんのか?」

 

そしてブギーはギャラリーに向かって他に賭けレースを続けようという奴はいるかと威圧します

 

しかしブギーは「これはワビや、とっといてくれっ」と言い、何百万円分もの数の一万円札を撒き散らすのでした

一万円札に飛びつくギャラリーたち

 

「ええでお前ら、醜くて人間らしくて、実にいい!」

 

薬袋はその様子に呆れてますが、夕子とネオも一万円札を拾いあげてました

 

そしてネオはブギーに向かって「あのマークについて教えろ」と言います

 

あのマークのモチーフはジェヴォーダンの獣だとブギーは答えます

 

18世紀フランスで100人ともいわれる人間を惨殺した化け物、正体は諸説あるが、その正体は獣のような本性を持った人間とも考えられると言い、

 

「そういう犯罪衝動を持つ者を俺達は獣と呼んどる」

 

そう説明されました

俺達とは誰だと質問を重ねますが、個人情報は言わない、マークについてはそれで全部だと答えられました

 

個人情報も含めてマークの情報だろうとネオは言いますが抽象的な質問をしたネオが悪いとブギーは言います

 

ブギーは質問に答えたら教えてやってもいいと条件を提示しました

 

ター坊は後輩たちを集めてまだ走り屋を続けるのかと問いかけます

 

後輩たちは賭けはやらないがター坊の走りを見てかっこいいと感じたから走り屋自体を続けたいと言います

 

しかしター坊はそれは違うと言います

 

それは薬袋の両親の葬式が行われた時のこと

 

水穂と住職の会話をター坊は聞き耳を立ててます

 

水穂は高校を辞めて働き始めると言い、姉弟2人で自分たちの足で立ち上がれるようになるのが私の夢だと日に照らされた笑顔で眩しくそう答えるのでした

 

その姿にターボは目を奪われてます

 

幼い薬袋そんなター坊の姿をストーカーと判断し、棒で叩きつけました

 

「俺は男だから姉ちゃんを守るんだ!父ちゃんと母ちゃんの分も家族を守るんだ!」

 

目を見張るター坊

そして今までの自分はみっともなかったということに気づき、自分はかっこよくなりたかったから走り屋をやめたんだと言いました

 

ター坊は後輩達に一応自分自身に聞いてみろお前らの未来はこれでいいのかと問いかけます

 

ブギーはネオに興味があるようです

自動運転プログラムを奪ってター坊の車に書き換えて乗せたそのハッキングのスキル一体どこで身に着けたのか、そして何が目的なのか

「ネオ、お前は何なんや?」

 

薬袋は呆気にとられています

 

「考えもしなかった俺はこいつのこと全然知らねえ?」

 

ネオの過去の記憶が蘇ります

 

幼い頃のネオは少女からノートパソコンを受け取ってました

 

ネオレイション(e0;lation) 13話の感想

 

バトルに敗れたブギーでしたが不遜な態度は変わらずです

 

そしてター坊が走り屋を辞めた理由が語られました、真っ直ぐな水穂の姿に惹かれ、本当のかっこいい男なりたかったと明かされます

 

それと同時に一人のストーカーが誕生した瞬間でもあるのですが

 

そして獣について徐々に明らかになっていき、ネオのバックボーンについても触れられました

 

果たしてネオの本当の目的とは?