僕のヒーローアカデミア 第220話 ネタバレと感想-ヴィラン連合の凋落そして反撃の狼煙が上がる-

2019年3月18日発売、週刊少年ジャンプ16号から

「僕のヒーローアカデミア」のネタバレと感想の記事になります!

 

僕のヒーローアカデミア 199話のあらすじ

 

前回のお話しはこちら

↓ ↓ ↓

僕のヒーローアカデミア 第219話 ネタバレと感想-轟と爆豪の2大仮免ヒーロー誕生!-

僕のヒーローアカデミア 220話のネタバレ

 

ヴィラン連合の近況が明かされてます

 

死柄木弔達ヴィラン連合は医療排斥集団、通称CRCという異形型の人間を差別する非合法団体のアジトに乗り込んでいます

 

CRCはヴィラン連合のスピナーに対して穢らわしいと口走ってます

 

ヴィラン連合は何をしているかというと、この非合法団体の金品を狙い強盗に押し入ってるのでした

 

当然のごとくCRCは死柄木達を排斥しようとします

 

しかし死柄木達によって全滅させられるのでした

 

「俺は『スピナー』連合の一員、今日も犯罪行為に手を染める」

 

CRCを全滅させ金品を探し出そうとしますが収穫は大したものではなかったようです

 

それどころか武器を消耗してしまいました

 

義爛に新調してもらおうとしても資金がありません

 

「こんな生活いつまで続けるんだ」

 

ところ変わってヴィラン連合のアジトに戻ったスピナーはそう言いました

 

死柄木は「終わるまでだよ」と答えます

 

ヴィラン連合の現在アジトは山奥の工事現場にあるプレハブ小屋でした

 

そこに死柄木、スピナー、トゥワイス、コンプレス、ヒミコの5人が詰めてます

 

そしてそこに6人目が現れます

 

荼毘が入ってきました

 

荼毘は仲間集めに奔走していましたが勧誘は進んでない様子

 

連合はグダりきってるとスピナーは評します

 

黒霧がいなくなってしまったのが相当痛手のようです

 

黒霧はオール・フォー・ワンの遺した力を手に入れるために別行動をとっているようです

 

そのため「ドクター」探しも難航中だとも死柄木は言いました

 

「ドクター」とはどんな人なのかと質問に対し、オール・フォー・ワンの主治医であり、脳無の開発と管理も行っていたと

 

しかし用心深い性格のため連絡が取れないようです

 

「なあ俺たちは一体どこに向かってんだ」スピナーが問いただします

 

ステインに触発され、世間に風穴を開けるためにヴィラン連合に身を寄せたのに、この現状に大いに不満を抱き、ぶつけてます

 

そして死柄木に問い質してます

 

「俺たちはどこに向かってるんだ」

 

その時、アジトの前に大地を割り、巨大な男が現れました

 

「お前がオール・フォー・ワンを継ぐ者か」

 

これが黒霧の言ってたオール・フォー・ワンの残した戦力なのか

 

そう訝しむヴィラン連合

 

しかし大男はオール・フォー・ワンに全てを捧げていると言い、死柄木に後継の価値があるのかあるのか示してくれと言います

 

そしてその結果ヴィラン連合は大男の前に倒れ伏しました

 

大男はヴィラン連合の弱さに涙を流してます

 

困り果てるヴィラン連合

 

その時、大男が持っていたラジオから声が流れます

 

それは「ドクター」と呼ばれる人物の声でした

 

僕のヒーローアカデミア 220話の感想

 

ヴィラン連合がついに動き始める

 

かのように思われた増したが現状は山奥に隠れ住み、非合法団体への強盗で生活をつないでる様子で日に日に消耗していってるようです

 

そうした状況にスピナーは焦りを感じているようですがその他のヴィラン連合の面々は気にしてない様子です

 

そして新たにヴィラン連合に合流した大男

 

オール・フォー・ワンの信奉者のようですが死柄木は信頼してない様子

 

そして「ドクター」と呼ばれる謎の人物

 

ヴィラン連合とデトネラット社はどのように絡み合っていくのでしょうか