チェンソーマン 第15話 ネタバレと感想-姫野先輩の能力判明!強力な幽霊の右手!-

2019年3月25日発売、週刊少年ジャンプ17号から

「チェンソーマン」のネタバレと感想の記事になります!

 

チェンソーマン 14話のあらすじ

 

前回のお話しはこちら

↓ ↓ ↓

チェンソーマン 第14話 ネタバレと感想-魔性の女?姫野先輩のベロキッスご褒美-

 

チェンソーマン 15話のネタバレ

 

眼前に現れた生首の悪魔は飛びかかってきました

 

しかし姫野によって空中に固定されます

 

パワーは血のナイフを作り出しそのまま悪魔を一刀両断するのでした

 

姫野は「幽霊の悪魔」と契約しており、姫野の右目を食べさせた代わりにゴーストの右手を使えるようになり、その右手は透明で力もあるとのこと

 

生首の悪魔から銃の悪魔の肉片の反応はなかったので、別の悪魔を探すため上の階に移動をすることになりました

 

パワーは姫野に対してそんなに自分の力をしゃべっていいのかと問いかけいます

 

姫野は力を知ってた方が連携が取りやすいし、切り札は隠してあるから オッケーと軽く答えます

 

パワーはふざけ半分でコベニにナイフを突きつけ「じゃワシがコイツ殺すと言ったらどうする?」と問いかけます

 

姫野は幽霊の右手を使いパワーの首を絞め上げ武器をひっこめろと言います

 

パワーは抵抗して右手を掴もうとしますが触ることが出来ません

 

パワーを解放する姫野

 

「めんどくさいから仲良くやろうよ」

 

サバサバと言う姫野でした

 

上の階に辿り着いたようですが荒井があることに気づきます

 

8階から9階へ上がっていったはずなのに8階ままだと

 

荒井は確認のために階段を駆け降りました、しかし駆け下りた先は8階で、デンジ達がそこにはいました

 

今度は姫野が階段を降ります、しかし降りた先にはやはりデンジ達がいました

 

悪魔の力により8階から別の階に移動できなくなったようです

 

早川が部屋の窓から外に出ようとしますが窓の先は向かいの部屋に繋がっており、エレベーターや天井を登ってみても8階から脱出できませんでした

 

ホテルの一室に集まる一同

 

銃の悪魔の肉片も反応もしなくなってしまいました

 

どうやら生首の悪魔を囮にされ罠にハメられたようです

 

こうなっては他のデビルハンターの助けを待つしかないようです

 

コベニは完全にネガティブ思考に陥っており、ここで全員死んでしまうんだと絶望してます

 

コベニの兄は優秀で、親は兄を大学に行かせたいからコベニを半分無理やりデビルハンターで働かさてると、コベニは風俗がデビルハンターで働くしか選択肢がなかった、と半狂乱になって泣いてます

 

そんなコベニを見てパワーは大爆笑しているのでした

 

そして早川あることにも気付きます

 

部屋の時計は8時18分から動いていない

 

つまり時間が止まっている可能性があり、他のデビルハンターの助けも来ない可能性もあるかもしれないと

 

沈黙する一同

 

「すげえ!じゃあ寝放題じゃねえか!!」

 

能天気に響くデンジの声

 

荒井から永遠に閉じ込められるかもしれないんだぞと言われますが、

 

「そうなるかもしれないしならねえかもしれねえだろ、わかったら起こして」

 

と言い、

 

「こんないいベッドがあんだ、寝なきゃ損だね、俺ぁ悪魔に感謝して眠るぜ」

 

そしてデンジは熟睡に入りました

 

チェンソーマン 15話の感想

 

前回最後に意味ありげに出現した悪魔

 

どんな能力を持っているかと思ったらあっさりと倒されました

 

しかしそれは囮だったようです

 

姫野先輩は幽霊の右手で、相手からは触れることも出来ないという事で一方的な攻撃も出来そうなかなり強力な力です

 

契約の代償として右目を差し出したようですが、早川先輩が1回出動ごとに皮膚を削られるのとは違い、一度の身体の代償で永続的な契約を結べるのでしょうか

 

今週はコベニの身の上話を掘り下げられました

 

ブラック企業の公安のデビルハンターに就職せざるをえなかったりと中々不幸ですが、パワーに笑い飛ばされたりと仲良くなれそうな要素はなさそうですが、このメンバーで次回いかに事態を解決に導くのでしょうか

 

それとも、サブタイトルがエンドレス8階ということなので8週引っ張っていくのでしょうか