EDENS ZERO 第37話 ネタバレと感想-ハーミット無双-

マガジン ネタバレ 感想

2019年3月27日発売、週刊少年マガジン17号から

「EDENS ZERO」のネタバレと感想の記事になります!

 

EDENS ZERO 36話のあらすじ

『EDENS ZERO』は、真島ヒロ先生の作品です。

「機械の星」グランベルでただ一人の人間である主人公シキと、動画投稿者で冒険家のレベッカが出会い、戦艦エデンズゼロの本来の力を取り戻すべく、宇宙の冒険家から女神とあがめられるマザーを目指して旅立つというSF冒険漫画です。

前回第36話は、「GIA」です。裏切りのホムラ。少女をただのデータと言い切るがシキはそれでも生きていると反論。

ホムラはあくまでドラッケンにつくといい、攻撃を仕掛けてきます。モンスターと共にボーガン一斉射撃を受ける。

しかしそこにホムラが刀でボーガンを破壊していきます。ホムラが二人?

本物のホムラは、なぜか牢にとらわれていてなんとか脱出してきたと言います。

ニセモノは、あと少しだったのにと悔しそうな様子です。

ジャミロフはイライラしてレーザーのような能力で街を破壊、その隙にニセモノホムラは逃げ出します。あとを追う本物。

シキはジャミロフと対峙する!

ホムラはニセモノに追い付き、何者か問いただす。ニセモノは人のコピーができ、ジャミロフに近づくためホムラを利用したとのこと。

GIA(銀河系諜報機関)のアミラと名乗ります。

 

EDENS ZERO 37話のネタバレ

第37話は「大怪獣シキ」です。アミラのねらいは、桜宇宙一の悪党であるドラッケンジョーだと言います。

スパイとして動くのに、都合のいいアカウントがほしくてホムラに近づいたとのこと。アミラは正体を知られたからにはホムラを殺そうと拳銃で発砲してきます。

ホムラはすべて刀ではじき返します。乗っている動物を狙われ、転倒するホムラ。

そこへスナイパーモードの強力な攻撃が襲います。ホムラはそれも完璧に打ち返します。アミラはログアウトをして危険を回避、ホムラの能力に驚きます。

一方、シキとジャミロフとの戦いでは、ジャミロフが一方的な展開でシキに襲い掛かります。

チートを使っているジャミロフに対し、こちらもチートを使うべきと提案するハーミット。

ワイズが自らチートをすると進言します。コードの複雑さに手を焼くワイズに対し、ハーミットは手を貸してくれると進言してくれます。

早速処理開始。まずジャミロフの無敵が解除され、シキの能力値を改ざんして怪獣化のチートを実施。

シキは文字通り怪獣化します。「私にプログラムで勝てると思っているの?」とすごむハーミット。迫力十分です。

 

EDENS ZERO 37話の感想

相変わらず少年漫画らしいはつらつとした展開がやっぱり好きです。ホムラの剣さばきは見事でした。

アミラの狙いがまだはっきりしませんが、味方なのか敵になるのか微妙な感じがします。

一方、チートでパワーアップしたシキでしたが、自分でも驚いている様子です。プログラムの世界ではハーミットは無敵な感じがします。

次号、とうとうジャミロフと決着がつくのか?