七つの大罪 第305話 ネタバレと感想-とうとう決着!-

マガジン ネタバレ 感想

2019年3月27日発売、週刊少年マガジン17号から

「七つの大罪」のネタバレと感想の記事になります!

 

七つの大罪 304話のあらすじ

『七つの大罪』は鈴木央先生の代表作の一つで、週刊少年マガジンで長期間連載している人気作品です。

キリスト教の信仰をベースにしたテーマを根幹に持っていて、キリスト教関連の言葉が多数出てきます。

内容は痛快アクション漫画になっていて、ド派手な絵柄で構成された戦闘シーンが大きな魅力です。

前回の第304話は「処刑人は願う」です。魔神王に攻撃を仕掛けたゼルドリスに対し、魔神王は、ゲルドリスは弱いと一蹴。

こっそりゲルダと会っていたこと、吸血鬼一族を処刑せず封印にとどめたこと、いずれ魔神王の座を奪い平穏に暮らせる魔界を目指していたことをすべて知っていたと話します。

「刹那の隠者」を繰り出し攻撃を開始します。

一方、精神世界のメリオダスは、「圧縮した闇」で魔神王を圧倒しています。

メリオダスは、七つの大罪メンバーに、自分は大丈夫だからバンのところに行くよう指示します。

現実世界では、ゲルドリスが「刹那の隠者」に猛攻を受けながらもこれを破壊します。

しかしそのすきに魔神王の強烈な一撃を受け、大ダメージを負い、メリオダスに想いを託しながら倒れていきます。

 

七つの大罪 305話のネタバレ

第305話は「断末魔」です。ゲルドリスを倒した魔神王に対し怒り心頭のバン。猛攻を仕掛けます。魔神王は抵抗するもバンの方が勝ります。

精神世界ではメリオダスがとどめにかかります。「トリオン・ダーク」を繰り出し、魔神王を圧倒します。

現実では、メリオダスを道連れにしようと断末魔の状態になる魔神王。これを阻止するため七つの大罪メンバーが対峙します。

エリザベスらが「トリプルプリズン(三層牢獄)」を発動、魔神王を捕らえます。

ディアンヌの「ダイアモンドタワー(金剛塔)」で上空に打ちあがった魔神王に、バンがとどめを刺します。

一瞬の静寂ののち、エリザベスは「おかえりなさい」とつぶやきます。そこには、普段通りの姿で笑顔を見せるメリオダスとバンの姿がありました。

とうとう魔神王との戦いに勝利した?

 

七つの大罪 305話の感想

とうとう、魔神王を倒した様子です。七つの大罪メンバーが力を合わせて魔神王を抑えるシーンが印象的でした。

それぞれの能力を駆使して、最後のあがきを見せる魔神王を見事に抑えつけました。

圧倒的な強さを見せたメリオダスの魔力とバンの格闘能力も大いに光りました。

物語もついに佳境を迎えそうな気がします。メンバー全員が幸せな結末を迎えてほしいと希望します。

それぞれ持っている希望がすべてかなったハッピーエンドになってほしいですね。